2017年4月29日 (土)

大野の落胆が招いた敗戦

◆ 4/28(金) ― 甲子園球場
 阪 神 6 - 0 中 日

久々の完敗だった。
阪神との戦いでこんなに一方的なゲームも珍しい。
大体がもつれたり、少数点差で最後まで競い合うのが常なのだが、昨夜の戦いは拮抗する雰囲気がなかった。
大野とメッセンジャーの息の詰まる投げ合いが予想されたが、大野の方が先に相手のペースに巻き込まれて行った。2番の上本に大事な局面で度々逆方向に巧打されたのが応えたように見えた。そのショックを引きずったまま、4回には5番キャンベル、7回には3番糸井の2人の新戦力にタイムリーを浴びるのだが、試合中に切り替えが出来なかった昨夜の大野を如実に表していた。
序盤4回までは苦手のメッセンジャーに対して5安打を放ち塁上を賑わせていたが、ホームにランナーを返すまでには至らなかった。4回に大野が先に先制されると次第に攻撃陣も元気をなくして行くのが見ていても明らかだった。大野のショックがそのまま攻撃陣及びベンチにも影響しているような試合になってしまった。
エースと呼ばれている大野の落胆がゲームを作用することを大野自身がもっと自覚して貰いたいと改めて思った夜だった。
投手の立場、大野の立場に立てば、打たれた上本に投げた内角低めへのボールには相当の自信があったのだと思う。それを2度に亘り同じように同じ方向に跳ね返されたことは取り返しがつかない程のかなりの打撃だったのだろう。
しかし、言い換えれば、これが大野が勝てない原因であり、大野に援護射撃が少ない原因であり、大野がなかなか真のエースになれない原因といえるのではないだろうか。
冒頭に久々の完敗と記したが、昨夜の試合は内容云々ではなく大野の落胆と共にチームが戦意を喪失してしまった敗戦だったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

待望の強固な先発投手の出現が…

◆ 4/27(木) ― ナゴヤドーム
 中 日 2 - 0 ヤクルト

久しぶりに安心して見られる先発投手が現れたなあとつくづく実感できた夜になった。
  スミ1ならぬスミ2で、初回に取った2点を守り切った理想的なドラゴンズの伝統的な勝ち方でカード勝ち越しを決めた。その勝利の原動力が勿論今季3度目の先発の又吉である。7回112球被安打5無四球無失点でマウンドをリリーバーに引き継いだ。21個のアウトのうち内野ゴロで15個のアウトを取った。勝負球を低めに集めて実に上手いピッチングを見せてくれた。評論家の間では決め球がイマイチだという批評もあるが、ファールで散々粘られても根負けをしない根性がこの又吉には備わっていて最後は涼しい顔で打ち取っていたから頼もしい。
試合が最初からマウンドを降りるまで終始又吉ペースで進んでいて、リードがたったの2点だということさえ忘れさせてくれていたのが不思議である。その位に安心感漲るマウンドさばきであったといえよう。
本人はすこぶる謙虚で、もっと長い回を投げられるように吉見や大野に近づきたいと語っていたのが彼の人柄で彼の高い努力目標が伺える。
実に頼もしい投手になってくれた。
ファン待望のしっかりした先発投手の出現が実現したと言っても過言ではないと確信している。
4年前に四国アイランドリーグ出身投手として綺羅星の如く登場した又吉は3年連続60試合以上の登板を経て今季4試合目の登板から先発に転向した。
セットアッパーという難しいポジションで昨年はリリーフ失敗の場面も多く、又吉にとっての課題も多く見え隠れし始めて来て、今年の又吉のポジションにはとても興味を持っていたのだが、120パーセントで投げようとするセットアッパーよりも、若干脱力して8分程度の力を基準に投球しながらここぞの所で120パーセント出して行く投法がスタミナが十分な又吉には合っていたのではないだろうかと考える。
この強固な先発投手の出現には3年の日々が必要であったのだろうと思う。
吉見と大野にまだ勝ち星がない中、バルデスとツープラトンのローテーションをしっかりと守って行ってくれれば、吉見や大野にも次第にいい流れが伴って来るに違いないと確信している。
5月攻勢がとても楽しみになって来た。

昨夜の又吉のピッチングフォームをじっくりと見たが、デビュー当時のように、ゆったりとした投球動作から踏み出された左足に巻き付くように力強く振られた右腕とその際の右足のケリがとてもリズミカルだったのが確認出来た。先発投手の気持ちのゆとりが、いい時の理に叶ったフォームを思い出した又吉の姿を見て本当に安心した。
  脅威の防御率0.88で月間MVPを是非取って貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

ルーズベルトゲームにした元凶は?

◆ 4/26(水) ― ナゴヤドーム
 中 日 7 - 8 ヤクルト
  (延長11回)

前日同様スムーズなゲーム運びで序盤はスタートした。
吉見もブキャナンもテンポよく気持ちよく投げて行きそうに見えた。3回まではほぼ完璧だった吉見に比べ、ブキャナンは2回先頭の平田への四球でリズムを崩したのか、堂上、ゲレーロに連打されて先に2点を失った。
この日も何とゲレーロが先制2点タイムリーを放った。
吉見も4回、打順が一巡して先頭の荒木に9球粘られて内角シュートをレフト線にツーベースを打たれて、リズムを乱し、バレンティン、中村にタイムリーを浴びて2点を失ってしまう。しかし、その裏ビシエドに、「らしい一発」がレフトスタンド中段に飛び込み再び勝ち越した。5回にも大島に2点タイムリーが飛び出し5ー2の3点リードとなった。普段ならここで吉見は立ち直ってスイスイと7回8回まで行くのだが、この日の吉見は主審山路との相性がイマイチだったのかコントロールに苦しんでいるように見えた。6回一死からバレンティン、雄平に連打を浴びて屈辱のイニング途中での交代を告げられ、佐藤にスイッチしたのだ。結局この回は中村のタイムリーでの1失点に終わり2点リードで後半の攻防へと進んで行った。ドラゴンズが誇る好調なリリーフ陣がこの点差をきっと守り切ってくれるものと皆んなが思っていただろう。7回には主砲平田にもタイムリーが出て再び3点差とセフティリードの圏内に入って行った。
佐藤を三ッ間が継いで、8回祖父江、9回田島で吉見の今季初勝利が見えて来ていた。打線が吉見に恩返しをする勝ちゲームになりそうに思えた。
しかし、しかし、である。何と祖父江が8回、当たり損ねのバレンティンの嫌な内野安打から雄平にストレートの四球を与え、ピンチを迎えてしまう。鵜久森、中村を打ち取って、ここまで3タコの8番大引を迎えて無失点で切り抜けられそうな予感も走ったが…。
その初球、外角にストレートでストライクを取りに行ったボールを狙いすましたように反対方向に打ち返されるのだ。これが何とライトスタンド最前列に飛び込む大引の今季1号の同点スリーランとなってしまうのだった。
ゲームが振り出しに戻ったと共に、流れが急にヤクルトの方に傾きかける空気になってしまうのだ。
9回にも延長11回にも、あと1本出ればという逆転サヨナラのチャンスを作り粘ったが、最後の1本が出ないまま1点差の7ー8で逆転負けを喫してしまうのだ。
田島が9回10回と初めて回跨ぎで2イニング無失点の投球をするも、11回に出て来た岩瀬が雄平に2点タイムリーを浴びてしまうのだ。岩瀬も吉見同様、主審山路に際どいボールをことごとくボール判定されていた。
松井雅はフル出場したのだから、この山路主審の判定の癖を分かっていなければならなかっただろうに、ストライクを取らない所ばかりへ投げさせていたようにも思えて残念でならない。
そして本題である。この7ー8という所謂ルーズベルトゲームにしてしまった元凶は、この松井雅捕手なのだ。
昨日も記したが、ピンチでの初球の入り方に問題がありすぎるのである。一昨日、三ッ間が山田に打たれた2点タイムリーも初球外のストレート、昨日は4回中村のタイムリー、8回大引のスリーラン、11回雄平の2点タイムリーがいずれも初球外にストライクを取りに行ったボールだった。11回の岩瀬の場合はスライダーだったが、ストライクを取りに行ったボールを狙われたのだ。
一昨日は2失点中2点、昨日は8失点中6点を全て初球のストライクを打たれたものである。
明らかにヤクルト打線は松井雅のリードを読んでいた。
ピンチの初球は必ずストライクから入ってくると…。

改めて思う。残念ながら捕手松井雅の感性の鈍さは相変わらずである。1試合中に同様に初球を痛打されるのは投手の責任ではなく明らかに捕手の責任である。
吉見、祖父江、岩瀬、コントロールがいい投手達だ。
ボールを一つ分二つ分くらい外して投げる芸当は持ち得ている。だからこそ、ボールから入って貰いたかった。

ルーズベルトゲームの敗戦の元凶はまさしく、松井雅人捕手だったといえる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«年に一度の豊橋の夜は何かが起こる