トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

愛された男、一流の男

二00九年九月二十七日、ドラゴンズ一筋二十年、一人の男がバットを置いた。

超一流ではなかったけど、ドラゴンズにとって色んな面で必要で大事な選手だった。

仲間に愛され、仲間を愛し、ファンに愛され、ファンを愛した、
純で素朴で武骨で不器用な男だった。
さしたる記録は残さなかったけど、彼のいた二十年間のドラゴンズファンにとっては、永遠の記憶に残る選手であることには間違いない。
試合後の引退セレモニーで、男は、涙でぐちゃぐちゃな顔をして引退の挨拶をしていた。
スタンドの沢山のファンもベンチ前の仲間も皆泣いていた。

そして僕も。

なんでだろう?数え切れなくある引退セレモニーのひとコマに過ぎないのに。
引退するのは、彼だけではないのに。なんでだろう?皆が泣いているのは。
彼がここまでやって来た、不器用だけど必死で一生懸命で真面目な姿を、皆が知っているから。彼のここまで積み重ねて来た沢山の徳が、こうして感動的で温かいセレモニーを、ご褒美として目の前で繰り広げさせてくれている事の素晴らしさに、皆が心から感動しているのに違いない。

人知れず辞めて行く選手や辞めさせられる選手が殆どの世界で、
こんなに素晴らしい形で送って貰えた男は、本当に頑張ってきてよかったと、今こそ心の底から思っているのだろう。

ありがとう、そして今までドラゴンズとドラゴンズファンの為にご苦労様。
自分で自分の一つの人生の幕を閉じる事が出来てやっと一流選手になれた、
その男の名は、

中日ドラゴンズ 外野手 井上 一樹である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

”非”常人・オチアイヒロミツ

シルバーウィークが終わった。

自公政治の置き土産の高速道路休日1000円の施策のお陰で、道路の混雑ぶりは半端じゃなかったらしい。ドライバー役のお父さんはホントにご苦労様でした。
新たな政府はいずれ高速道路全日無料化を段階的にやっていくらしいが、果たしてどのような社会現象が起こるのだろうか。

さて、セ・リーグのペナントレースはあっけなく、昨日、原金満巨人がぶっちぎりの優勝をしてしまった。
負けず嫌いな落合中日の抵抗も、赤子の手をひねらんばかりのやり方になす術もなく討ち死にをさせられた。
ドラゴンズファンの僕としても、悔しい気持ちを通り越した感じで、この事実を受け止めているのが不思議でならない。
それにしても、巨人と中日以外の4球団の罪状は語るに及ばず、ひどい成績である。5割に遥かに満たない勝率で3位のクライマックス出場権を争っている現在である。これがまたどっちらけなシーズンにしてしまった一つの原因でもある。
まあ他のチームの事はどうでもいいから、我が愛するドラゴンズの話をしよう。
負けず嫌いで、世界一、臍(へそ)が曲がっている落合博満という監督は、今年は少し、いやかなり、おかしかった。ここのところずっと、試合後のコメントは、
「無言」 か
「何もない」 か
のどちらかだった。
負けず嫌いが負けたのに負けを認めないんじゃ、昔日(せきじつ)のどこかの政党と変わらないではないか。
いや、ひょっとしたら本当はまだ負けていないのかもと思ってしまう。
ただの強がりか、負け犬の遠吠えか、みっともない愚痴に過ぎないか、それとも責任転嫁の言い訳か、そのどれにしたっておよそあの有言実行の権化である落合博満の柄じゃないだろうが・・・・。
としたら、負けを認めない、昨日のコメントこそが本当の落合博満の真骨頂だったように思えてならない。
「これから3週間が本番だ。見くびるなよ!」
と、多くの記者に言ってのけた落合の顔はきっと邪鬼のように見えただろう。
常人の監督なら、「今年のジャイアンツは強かった!悔しいけど優勝おめでとう!」とか宣って敵の勝者を讃えるのが人の道だと思うところだが。この人は違うのだ。
だから面白いし魅力的なのだ。
しかし、その言葉はそれが実行された時にのみ、その人を喰ったような、人の道をはずれたような邪鬼の様相が真の勝負師のカッコイイ顔に成り得るのである。
その事を一番知っているのが落合博満なのだ。
プロ野球の選手は皆個人事業主で、生きるも死ぬも、一つ一つの勝負に懸かっていて、奇麗事を言っている余裕などなく、皆、自分の事だけで必死なんだというのが彼の持論である。
活躍できなきゃユニホームを脱がされて、その野球人生を奪われてしまうんだ。
自分の意思でユニホームを脱げるようになった選手がやっと一流になった証なんだから、そのためには毎年毎日必死に練習して技術を磨いて行かなきゃいけないんだと。
誰も助けてくれないぞ、自分でやるしかないんだぞ、と選手に覚えさせて来たに違いない。
そんな選手の集団を作った自負があればこそのこれまでの不遜なまでの発言だったんだと思うのだ。そこの考え方が根本的に「ファンの為の野球」と映らない理由の一つなんだろう。でも落合は強いチーム、即ち勝つチーム、そんなチームを動かす選手の集団を作ることこそが「ファンの為」なのだと考えているに違いないのだ。
ということは2年続けての敗北は有り得ない訳で、必ず昨日の言葉が単なる戯れ言の負け惜しみじゃなくて、真の有言実行人としてのあくまでも不敵な落合博満たらしめん日が来る事を信じることにした僕である。
そして絶対にあの綺麗事の王様、”ハラタツノリッチ” の巨人に、優勝おめでとうとは、死んでも言っちゃダメなのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

真夜中のざれ言

今週は色んな事があった。

まずはイチローの前人未踏の9年連続200本安打の大記録が14日に刻まれた。

そして16日には第一次鳩山内閣が誕生した。

そして17日の夜、覚醒剤使用の罪で40数日拘留されていた女優・酒井法子が保釈された。

とにかく大騒ぎな連休前の一週間だった。

世の中が何だかとても様々な解答をせかしているような前のめりな流れを感じた日々であった。
失業率は益々の勢いで増大しているし、不景気の風潮は一向に回復の兆しを見せることもなく、あいも変わらぬ格差増長の現実が我々を苦しめて止まない。

今年もあと三ヶ月余り、政治も代わって劇的な変化がいずれ近い将来やってくる予感も秘めた2009年終盤ではあるが、苦しんでいる人々がいつまで持ちこたえられるかといった所まで追い込まれているような気もしてならない。
だからこそ、世の中は何気に解答を焦っているのだろうか? それとも?

プロ野球もいよいよ胸付き八丁な段階に差し掛かって来た。
一年の集大成の画龍点睛を成し遂げる時が各チームに訪れてきている。全てが2009というそれぞれの終宴に向かっているのだ。

今年最後の大型連休が明日から訪れる。

僕も、今一度落ち着いて呼吸をしながら考えてみようと思っている。

色々といろいろとイロイロと……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

「きょうの料理」 vol.4

生姜焼き第2弾です。

今回は豚バラ肉使用。

しかし今度の主役は「やきそば」です。

「塩焼きそばの豚生姜焼きのせ」

カレースープと完熟トマトサラダ付きです。

焼きそばは、油を使わず、キャベツと麺を電子レンジで数分加熱。
キャベツの水分でしんなりと温まった麺に塩で味付け。
豚生姜焼を上にのせて完成!

塩のみの味付けで淡白な塩やきそばも、生姜焼きの味が染みて、良い具合。
肉の脂っぽさを感じない、さっぱりとした仕上がりになりました。

野菜たっぷりのカレースープ、
完熟トマトのフルーティーさが際立つ甘酸っぱいサラダ。

なんと、計9種類の野菜を使いました。

ヘルシーなランチでした。

Shio_yakisoba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

「きょうの料理」 vol.3

今日は、肉料理。

生姜焼きです。

その名も…

「豚挽き肉生姜焼き膳 玄米ご飯としじみ汁」。

挽き肉と生姜焼き…あまり想像がつかないでしょう。
これがなかなか、良かった。

まず、豚挽き肉を肉団子状に小さめの固まりを作る。
次に、これに軽く火を通し、焼き目を入れる。
ここからは普通の生姜焼きと同じ。

挽き肉とはいえ、ボロボロにならず、むしろその一粒一粒がしっかりとした食感で、
生姜のタレにも余計に絡み、美味しく出来ました。

これに、玄米ご飯としじみ汁は予想以上によくあって、
スタッフに撮って貰った写真を見たら、まるで「御前」のよう。

思わぬ形で贅沢な時間を過ごした今日のお昼でした。

Hikiniku_syouga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

「きょうの料理」 vol.2

今日の昼は、

「納豆カレーうどん」。

わりと頻繁に登場する食材ばかりだが、
今日は特に、いつもとは違う出来になった。

まず最初に、ジャガイモ・にんじん・玉ねぎ等野菜類を豆板醤でよく炒める。
次にカレー粉を少々入れ、さらに炒める。全体がドロドロになってきたら、うどんにかける。
最後に納豆をかけて出来上がり。

いわゆるカレーつゆのカレーうどんではなく、
「カレースパゲッティ」風。これがまた、麺によくからまってたまらない。

煮込まないので、野菜も原型のまま。この歯触りも心地良い。

何より、納豆がカレーの辛味を程よく中和しているのが良い。

次回パーティーのメニュー、有力候補のひとつとなった。

Carryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

期待と、責任と…

政治の方もようやく民主、社民、国民新党の三党の連立の合意が取り付かれて、
新たな政権がいよいよ門出を迎えようとしている。
永きに渡った凋落の自民党及び自公連立による官僚中心の政治が作り出した国民の本意からおよそかけ離れたこの国の窮状を打開すべく
新たな民主政治に期待を抱きたい気持ちに溢れている昨今である。

そして自公政治の終焉の流れの中で建設的な野党の位置においてのみ果たされる存在の重要さを表明して是々非々でこの民主社民国民の連立政治を支え監視して行くべき悪政へのブレーキ役としての日本共産党の役割にも目が離せない所である。

これから起こり得る一つ一つの出来事に注意深く凝視して行く義務が
我々国民にもあることを決して忘れてはいけないのだ。
週明けの国会でいよいよ新内閣が誕生する。
この出来事こそがいずれ数年後に国民が選挙によって勝ち取った
初めての民主主義の成果として評価されることを祈りたい気持ちでいるのは決して僕一人ではないはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

真夜中の戯れ言

◆8日・甲子園
阪神0-7中日

昨日、ドラゴンズの落合騎手の鞭の入れ所の期待感を書いたけど、
幸いにも鞭の必要のない程のチェン投手の好投で快勝したドラゴンズであった。

今日明日の阪神戦での鞭はまだなさそうだ。
監督の試合後の談話は三日連続で貝になったままらしい。きっと何かをじっと考えているんだろう。
ドラゴンズのOBの解説者が、ふがいない昨今の数試合の実況で
落合監督の無愛想で口数少ない難解なコメントの予想などしていたことを知って、
きっと意地になって無言を貫いているのかも。
いずれにしてもこういった野球以外の外野でのやり取りにも依然目が離せない所だ。

さて、今日もスタジオインの一日なので、
深夜に一人で、録画しておいたドラゴンズ戦をわざと結果は知らないでおいて
ビールを飲みながら見るのも馬鹿げているようだが、これもなかなか面白い。
最終的に勝てばという条件付きではあるが・・・・。
負けているのを知らずに最後まで応援する空しさも50パーセントは秘めている営みであることには変わりがないのだから。

今日の深夜は喜ばしい深夜になってほしい。

Mayonaka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

秋のG1”東名ステークス”

早いもので、かの歴史的な衆議院総選挙から十日が過ぎ、
国民の民意が成し遂げた政権交代によって生まれる民主党の第一次鳩山内閣の誕生を待つばかりだが、プロ野球もいよいよ競馬でいえば第四コーナーを回りラストの直線勝負に差し掛かっている所だ。

わが愛するドラゴンズは七馬身半前に
「ジャイアンハライシン」
という血統馬が悠々と走っていて、何とか必死に追い付かなきゃいけない所なのだが、
落合騎手がまだ鞭を入れようとしないので、
買ったドラゴンズ馬券を握りしめたままのファンはハラハラドキドキの毎日なのであろう。
後続の馬がもう遥か彼方後方に居るのが唯一の安心なのだが、
さて果たしてどのタイミングで落合騎手の黄金の右鞭が唸り始めるのかその瞬間を待ち続けるばかりの、夏のような秋のような今日この頃である。

続きを読む "秋のG1”東名ステークス”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

「きょうの料理」 vol.1

秋です。

ブログ、再開しました。

途端に我がドラゴンズは大失速…頭が痛い。

そんなイライラを解消して、最近毎日新メニューのアイデアが湯水の如く湧き上がる、僕の手料理を、スタッフの撮ってくれた写真でご紹介。

「料理日記」というのかな。

今回は、数日前に作った僕のオリジナル。

「冷製ガーリックスープスパゲッティ トマトステーキのせ」

堅めに茹でたパスタを、にんにくでサッと炒めて、冷やす。
次に輪切りにしたトマトを軽くソテーする。
かいわれ・ネギと盛り付けたら最後に、ビネガー・しょうがとそばつゆで作った冷たいスープをかけてできあがり。

手探りながら、上出来なひと品でした。

Tomato_spa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

お知らせです!

みなさんこんにちは。
秋の気配漂う今日この頃、いかがお過ごしですか?

突然ですが、この9月より、この「近藤浩章 真夜中のモノ・ブログ」はリニューアルオープン致します。

これまで、紆余曲折ありながら、途絶え途絶え更新して参りましたが、近藤も気分一新、新しい季節の到来とともに、心機一転、再スタートします!

人生五十数年、一途に愛し続けた我が中日ドラゴンズへの熱き思いを中心に、近況報告、事務所移転を機に一層腕に磨きをかける自慢の手料理の数々をご紹介していこうと考えております。

今後もこの「ドラ★ブロ」をなお一層ごひいきに!

by ブログマスター!ズ

Khiroaki1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年10月 »