« 落合の物言い | トップページ | 渋谷で一番温かい場所 »

2009年10月28日 (水)

僕の物言い

前回の記事「落合の物言い」に嬉しいコメントを頂きました。

今回はその「アンサーソング♪」。

ドラゴンズの選手達が、最終的に全員がWBC を辞退をすることに至ったのは、前回も書きましたが、積極的に協力した北京五輪の時のトラウマがチーム内にあって、簡単には払拭できない位の傷跡になっていたのだと思います。
岩瀬、森野、荒木、川上(メジャー)の4人の心の傷は相当なものだったと想像出来まう。
日の丸を背負う重圧とその結果から招く責任に対するバッシングはメダルを逃した後の日本プロ野球界の混乱した状況を思い出して貰えば一目瞭然です。

あの後、宮本、上原の2人はリーダーとしての責任の重圧から、「今後の代表は卒業します。」と語り、体よく早々に、以降の代表辞退宣言をしました。
自分自身の野球人生を優先することを選んだのです。
この時世間は「非国民!」のようなバッシングをしましたか?

代表を望むのも、辞するのも自由なのです。
代表に選ばれることに誇りを抱き、自分の力を世界で試したい選手や、責任に過重のプレッシャーを感じない選手が日本代表として戦ってくれることが肝要なことだと思います。

ボロボロになってチームに帰ってきた先輩選手を見ながら残りのシーズンを送った、代表候補選手の浅尾や高橋が、とてもこんな重圧を今の自分達が背負うことはまだできないと考えたのは十分予想できることだと思います。かなりの人数の余剰を候補選手に挙げて、合宿後にセレクトする方法を選んだ、原監督始めスタッフは、最終的に落選させた松中、和田、岸らを一体どのようにメンタルケアしたのでしょうか?

「お国のためだから・・・」という理由から仕方ないというのならば、それ以前に各々勘案した上で、辞退する権利は、選手にも、おそらくはチームにもあるのだと思います。
名誉の(?)怪我をして4月を棒に振った村田、WBCの登板で肩を痛め前半戦治療のみに歳月を奪われた岩田、そしてほぼ一年間不調で働けずその契約にまで言及された松坂というように、おそらくは殆どの代表選手が、様々な影響から本来のシーズンを満足に送れなかったのではないでしょうか。

しかし、結果は「優勝・世界一」ということから、その全てを同情と美談でマスコミが終えようとしているように感じてならないのです。
本当に語られなければいけないことはもっと他にあって、基本的な代表選考のあり方とか、各チームいやそれ以上に選手達に対して様々なケアに於けるルール作りについてとかを、論ずるべきだと思うのです。

今後もこうした問題が今のままでは必ず起こりうると思います。「代表選手派遣ゼロの非国球団・中日ドラゴンズ」を非難する前に、マスコミは候補選手辞退が続いたのは何故かを考えるべきではないでしょうか?

このままでは、誰一人として「行きたい」選手がいなくなってしまうと思うのでは・・・・。
「優勝」も「結果」なら「辞退」も同じ「結果」なのです。

|

« 落合の物言い | トップページ | 渋谷で一番温かい場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/31972975

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の物言い:

« 落合の物言い | トップページ | 渋谷で一番温かい場所 »