« 「ことば」の「重さ」 | トップページ | 来季に向けて落合監督が動き出した! »

2009年11月18日 (水)

工藤と原

工藤公康・46歳
プロ29年目のシーズンを古巣西武ライオンズで迎えることが決まった。
とにかくすごいことである。通算224勝の大投手が、戦力外通告を受け、あらゆる球団からのオファーを待ち続けた結果、かつての僚友・渡辺久信監督が率いる西武が声を掛けたのだ。
工藤は「自分から絶対やめると言わない」を自分自身の頑なモットーとして生きてきたと言う。
その訳は、かつてダイエー時代弟分のように可愛がっていた、藤井将雄投手が31歳の若さで志半ばにして肺ガンで亡くなってしまったのを、自分の投手人生に重ねて、投げたくても投げられなかった弟分の分まで、投げられる限りは投げ続けていかなきゃいけないと自分に科して生きているのだからだと言う。
自分で自分の幕引きの出来る数少ない一人だというのに、ボロボロになっても声が掛かって投げられる場所があれば投げるんだという工藤に見た、男魂、人間魂に心から拍手を送りたい。ガンバレ工藤!

昨日はまたまたWBCに因んだイベントがあった。

連覇を祝う、侍ジャパン表彰式だそうだ。

連覇の立役者イチローと松坂は欠席、藤川、福留も欠席だった。主役のスケジュールを打診しないで決めたでもあるまいに飛車角抜きのイベントを開催した主催者の見識を疑う所である。イチローと松坂抜きにはこの連覇は語れないだろうが・・・・。
それともこのようなイベントには二人とも元々出る意志が最初からなかったのだろうか。そうとしか思えないスケジューリングだ。ソフトバンクの秋山監督も、今はどのチームも秋季キャンプの時期で一年の締め括りをやっている時に何故こうした公式の催し事をやるのか解らないと言っていた。もっと後の完全にオフの時期にやるべきだと。誰の都合だ?一体。訳分かんないよ全く。もっとオフにやっておそらくイチローや松坂が出やすい時期に欠席でもされたら面子も何もあったものじゃないという理由から、こんな中途半端な時期にドサクサ紛れにやっちまえってことなのかもしれないな。
そんな感じが拭えない、夕べの寒い雨の野外イベントだったと思う。しかも平日の夜だぞ(笑)。

まあ原監督が日本一にもなったし、アジアシリーズも今年は何故か韓国とだけやったのだが、勝ったし、この大会もドサクサだったけど、原が主役でお茶を濁そうとNPBが考えたに違いない。
ああ、ホントに聞きたくないよ、言葉を知らない男の挨拶とかコメント。
しゃべる前から記者もファンも予想がつくことしか言えない迷将の熱い言葉、
ホントもう勘弁してほしいのですよ。ファンはそんなに馬鹿じゃないぞ。
伝説とか歴史とか名前を残したとか自分が言うなって感じだな。笑いが止まらないから誰か助けて欲しいって感じである。もうこれで今年は終わりだよね、あの人の陳腐なスピーチ。
男は黙って勝負しろよ。
侍ジャパンのメンバーが皆野球少年のようだったと何かに書いてあったかのような言葉でチームをまとめて欲しくないと思ったのは僕一人じゃないはずだ。
巨人軍は永遠に不滅です!と言って現役を去った長嶋茂雄の天真爛漫な仰々しさとは質がまるで違うのは何故だろうか?同じ仰々しさを感じるには感じるのだが・・・・・・・。
やっぱり、来季はこの男にしゃべらせないためにも、我が中日もしくは他の四球団に頑張ってもらうしかないな、って改めて思った秋の夜長であった。

|

« 「ことば」の「重さ」 | トップページ | 来季に向けて落合監督が動き出した! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/32261641

この記事へのトラックバック一覧です: 工藤と原:

« 「ことば」の「重さ」 | トップページ | 来季に向けて落合監督が動き出した! »