« 工藤と原 | トップページ | 「アンパンマン」と「コアンパンマン」 »

2009年12月 2日 (水)

来季に向けて落合監督が動き出した!

師走になってしまった。

街にはデフレが渦巻いている。厳しい年の瀬を迎えなくてはいけない人々も多いのだろうか。せめて昨年末のような年越派遣村のような事がないように願っているのだが。

昨日は今年の流行語大賞が発表された。
今年の一番の歴史的な事象が著された言葉「政権交代」が大賞に選ばれた。
他の受賞作にも世相が反映されてか、あまり明るい言葉は選ばれなかった。

プロ野球もストーブリーグ真っ只中で、あのチームは、大リーグを首になった元ロッテのリリーバーの小林雅英と日ハムからFAした藤井秀悟を獲得するようだ。これでもかこれでもかの補強にはもはや言葉も出て来なくなる。
その度にコメントする原ちゃんの言葉は相も変わらず大仰で笑わせてくれる。

さて我がドラゴンズの寡黙(笑)の知将落合は、先日ドラゴンズOB会総会で沈黙を破った。
自分は雪深い東北出身で口下手で、上手を言うことが出来ない。それに派手な事が嫌いで、世の中を上手く渡る事が苦手。カッコイイ事を言っておけば世渡りも上手く行くんだろうが、それは自分の主義主張に反することになる。これからは何を言われようと、自分の仕事は野球だけで、野球の事しか考えないと…。
泥臭いかっこ悪い野球ができて初めて上位に行けるんだ。選手一人一人がもう一度自己分析をして野球に取り組んでくれて、その選手達にどういう事をやるのがベストかを指導して行くのが自分の仕事であると。そして的確な指導が出来る指導者を育てて行くのもこれからのドラゴンズに必要な事であると。
来年からはもっと貝になるらしい。しかしその代わりに毎週火曜日に自分の野球観をコラムにして親会社の新聞に掲載して行く事を宣言したらしい。とても楽しみな事だ。
OB会長の高木守道氏が「昨今の野球界では色んな監督のパフォーマンスが流行っているが我がドラゴンズの監督は不気味に黙っている。でも落合監督にはパフォーマンスは似合わない。不気味が武器だと思って応援して行きます」と最大級の賛辞を送ったらしい。
元々落合監督はOB連中からは、何を考えているのか分からない所から評判はイマイチであったのだが、強いチームを作り続けて七年目を迎えるに当たってのこの高木氏の援護発言は相当な力になりそうだ。
落合の持論に、目立つのは監督じゃなくて選手でなくてはいけないという考えが根強くあって、まさに来季は選手達が大いに語り、大いに活躍して目立って行って欲しいものだ。

オレ流は来年も健在である。ますます楽しみになって来たぞ!

|

« 工藤と原 | トップページ | 「アンパンマン」と「コアンパンマン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/32456104

この記事へのトラックバック一覧です: 来季に向けて落合監督が動き出した!:

« 工藤と原 | トップページ | 「アンパンマン」と「コアンパンマン」 »