« 伝説 | トップページ | 喪の仕事 »

2009年12月17日 (木)

小沢一郎と落合博満

いつか書こうと思っていたテーマに思い切って触れてみることにする。

鳩山新政権が始まって三ヶ月、様々な懸案が棚上げされたまま日々が過ぎている。
メジャーなマスコミ、新聞や地上波のTVなどは、それみたことかと一斉に三党連立政権を叩き始めている。それに伴って支持率も下降のカーブを始めた。

小沢一郎は、積年の夢「政権交代」を「御旗」に掲げ、かの夏の戦いで国民の暑き想いを我が手に勝ち取った政権を簡単に手放す訳にはいかないのだ。

そして遂に動き始めたのだ。

小沢を怖がる人は多い。小沢を嫌う人は多い。小沢を煙たがる人は多い。
そして小沢を腹黒いと思っている人も多いのである。でもそれは何故だろうか?

そして、この命題をそのまま落合博満に置き換えてみると、落合を怖がる人は多いし、嫌う人も多いし、煙たがる人も多い。そして落合を腹黒いと思っている人も多いかもしれない。
ということから、この二人には沢山の共通点があるように思える。
しかし、やっぱり何故だろうという疑問にぶつかってしまう。

僕自身はといえば、この二人とも、大好きではないが決して嫌いではない。
大いに興味に溢れていていつもいつもその一投手一投足が気になる人物であるのだ。

二人の共通点を具体的に書き並べてみよう。

・小沢は岩手、落合は秋田、二人とも東北人である。
・口下手で寡黙。
・マスコミが嫌い。
・無愛想で必要以上のサービスをしない。
・誤解を受けやすいが言い訳や弁解はしない。
・間違っていると思うことや理不尽な事が嫌いで、その時だけは誰よりもむきになって引かない。
・一旦信頼した腹心の部下はトコトン信じる。小沢には輿石、落合には森という腹心の参謀がいる。
・自分を一度たりとも裏切った人間とは金輪際、腹を割る事はない。異常なまでに頑固である。
・戦略は、政治と野球は違えど、奇をてらわず極めてオーソドックスで王道探究派である。戦術は常に三手四手先を読んだ戦術を取る。
・外部からは二人が何を考えているか、かなり解りにくい。
・動揺を顔に出さず、いつも同じ顔を見せて心を読ませない。
・若手に厳しく、若手に優しく、若手を鍛えるのが大好きである。
・自分を頼って来る者には労を惜しまず面倒見がいい。
・小沢も落合もとにかく自分の仕事を天職と考え、小沢は政治馬鹿、落合は野球馬鹿であり、根っからの職人である。
・二人には人生を仰ぐ師がいる。小沢には田中角栄、落合には稲尾和久。

このように、考え、書き始めると、本当に二人には面白い位に共通点があることに気付きますます興味深くなってくる。
その小沢一郎や落合博満が動き始めるや否や、周りは必要以上に警戒心を高める。
不思議な現象でもあるが、それだけその世界での影響力が強いという事なのだろう。

これからも、政界は小沢一郎が、野球界は落合博満が、飽くまでもキーパーソンであり続けて行くのだろうか。

それにしても、よく似た、二人の嫌われ者が、今年も来年も、動く動く動いて行くのだ。

当分目が離せない。

|

« 伝説 | トップページ | 喪の仕事 »

コメント

はじめまして。失礼いたします。Dragonsファンの者です。
度々このブログに立ち寄り、熱~い記事を興味深く拝読させていただいてました。
今回の記事も面白いですね。
こんなふうに並べられると、確かに似てますねぇ(^^
口下手・寡黙だけど、職人・落合さん小沢さんが作り出す作品(ゲーム、政治的動向)が饒舌に、時にドラマティックに語ってますものね!
※ちなみに、最近のG原監督は、その発言から私にはブッシュ前大統領の外交用発言とダブって見えていますが・・(^^
落合さんには、めげずに来シーズンも興味深い采配を見せていただきたく、頑張ってもらいたいです。

ところで、近藤さんにとって、落合さんからイメージされる「音楽家」って、見当たりますか? 故人でも現役でも国内外問わず。
もしそんな音楽家がいたら、是非とも記事などでも紹介してください。
では。失礼いたしました。m(__)m

投稿: カートマン is 8 years old. | 2009年12月17日 (木) 22時46分

カートマン IS 8 YEARS OLD さん
こんばんわ!コメント有難うございました。
ついつい過激な発言で敵を作って行く孤独な小沢一郎を見ながら、我が闘将落合監督の孤立をダブらせていた事を、いつか書こうと思っていました。
十分ではないけど、書いてみて率直な感想がすぐ貰えて
ホットしました。
頂いた「お題」は近いうちに書いてみます。
ドラゴンズにとっても、この国にとっても、来年はいい年にしてほしいですね。
これからも、宜しくお願い致します。
ガンバルぞ!!!

              近藤でした!

投稿: 近藤浩章 | 2009年12月18日 (金) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/32644818

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎と落合博満:

« 伝説 | トップページ | 喪の仕事 »