« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月19日 (火)

僕の一月十七日

一月  早くも残す所十日余りになってしまった。世の中がしきりに慌ただしく感じられる。

昨日からは国会が始まり、不況対策や景気対策よりも、「政治と金」問題で、小沢だ鳩山だと、国民の喫緊の思いとは遠く乖離した雰囲気で連日の議論が繰り広げられている。小沢氏の元秘書ら側近三人を急遽、国会開会直前に逮捕した検察特捜部の行動は、ともすると戦前戦時中の特高警察のようで、異様な恐ろしさすら感じてしまう。
とにかく、きな臭い動揺や焦躁感が世の中を駆け巡っているように思えてならない。

テレビを中心としたメディアが、揃いも揃って、悪人・小沢一郎のイメージをこれでもかこれでもかと煽っているように感じる。
もっとニュートラルで公正な報道姿勢はないものだろうか?
折角国民の圧倒的な支持で勝ち取った政権交代の期待感を、意図的にスポイルさせようとする力が働いているようにさえ思えてくる。
勿論、政権側の鳩山総理や小沢幹事長の説明も決して十全ではないので、細かく丁寧に説明をする必要があるのだけれど、
下野してからも相変わらずの体質を携えたままの自民党の常軌を逸したような、鳩山小沢攻撃発言には辟易させられる。あなたたちには言われたくないって感じだろう。

まあどうでもいいけどしっかり政策を論議して、この国の閉塞した現状を打開させるべく方向性を早く見いだして確かな舵取を始めて欲しいものである。

17日は、阪神淡路大震災の15周年だった。
早いのか遅いのか解らないが、震災の被災者の人達からみれば、何年経とうとその傷痕は永遠に癒される事はないのだろうと思う。
僕は三本の特番を見た。社屋が破壊され、発行すら容易ではなくなってしまった新聞を被災した人々に届ける使命を果たす為に、過酷なまでの困難と闘いながら新聞を発行し続けた、神戸新聞の記者達のドラマ
「神戸新聞の七日間~命と向き合った被災記者たちの闘い」(フジテレビ)。
子供の頃に被災して今は神戸を離れて生きる二人の別々の若い男女が震災の慰霊式典がある前日に、神戸の街で偶然出会う。十五年経って再建されている神戸の街並の中で、今も変わらずに残る、そこに住む人々の心の傷痕と向き合いながら二人の心に生まれる混乱と葛藤、そして生きるという事の意味、そして若い二人が、共有できる何か不思議な価値観を掴み始める所で終わるドラマ
「その街のこども」(NHK)。
そしてもう一つは、阪神淡路を襲った、たった15秒の振動が都会の街を破壊し、屍せる街に化してしまった、地震のメカニズムを検証して行く番組
「巨大地震メガクエイク~゛震災の十五秒″」(NHKスペシャル)
数人の学者の検証が、二度とこのような大惨事を招かない為に、地震の予知という観点からや地質と地震を起こすプレートの動きとの相関関係の分析などで、地震のメカニズムを十二分に解明して、近い将来にも起こると言われている東海地震に備える為に、阪神淡路大震災を偉大な教訓とするべく内容であった。

あの痛ましい十五年前の大震災の悲劇を悼み、そして今まさに起きている中南米カリブ海の島・ハイチ大地震の悲惨な状況の報道を聞きながら、貴重な三つの大震災特別番組が見られた事はとても有意義であった。

そしてその夜、今度は別の悲しいニュースが報じられた。
日本プロ野球の歴史を振り返る時、必ず語られるであろう「江川巨人入団における空白の一日事件」の、ひとりの当事者であり、悲劇のヒーローでもあった野球人・小林繁さん(現・日本ハム投手コーチ)が、57歳の若さで急逝したニュースだった。
死因は心不全、僕と同じ歳である。        合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

2010僕のスローウォーク宣言

2010年が始まった。

昨日は57歳の誕生日。毎年この年初めは仕事始めや初詣や誕生日が重なって、何かと気ぜわしく落ち着かない日々が続くのである。

昨年の歴史的な政権交代から、様々波乱含みで明けた新年は通常国会を皮切りに世間が揺れそうだ。相変わらずの絶望的な不況状態からは脱出の兆しも見えず、失職やら賃金カットやらで、住宅ローンが払えなくなった人達のニュースが絶えず流れている。内定の取れない四年生学生が溢れ、就活が始まる三年生学生の不安と焦りは今やピークを迎えている。大学はでたけれど・・・といった数十年前にも聞いたフレーズが駆け巡っている。

明るい話題が少ない新年の幕開けであるが、今こそ人はそれぞれが自分の足元をしっかり見つめ直し、これまでの自分と今の自分、そしてこれからの自分をしっかりと考えるいい機会なのかもしれない。勿論それ所ではない人達も多いとは思うのだが、人間はやはり知らず知らずのうちに自分を見つめる暇もなく、生き急いで突っ走って来たのではないだろうか。

僕自身もそう思える所は否めないのである。

今年は意識してゆっくりと生きてみようと考えている所である。社会のこと、家族のこと、友達のこと、会社のこと、将来のこと、健康のこと、あらゆることをひとつずつしっかりと見つめて考えて行こうと思っている。

明日から三連休だ。

新年会もあるが、そんな一年の生き方の準備に時間を費やしてみようと思っている。

今年もよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

夢一途に!-2010の誓い-

2010nenga_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »