« 春朧な宵想 | トップページ | 幸先のいい春ではあるけれど・・・ »

2010年3月26日 (金)

「ON」と「OFF」の季節

桜が開花したら、急激に気温が下がって真冬の気候が続いている。

今日からは、プロ野球のセ・リーグが開幕する。

世の中は、終りと始まりが交差する季節真っ只中で、各方面で
「送」と「迎」、「別」と「会」、の儀式が繰り広げられている。

そんな中、半年前に国民の期待を大いに背負って誕生した
「政権交代内閣」が「学級崩壊」を起こしてしまっている。

「学級委員長」を務めている、鳩山さんちの由紀夫くんは、気が優しくて皆の人気者。
でも、それは頼もしいとかカッコいいとか皆を引っ張っていってくれるからではなくて、皆の話を本当によく聞いてくれて、決して怒ったり威張ったりしないことが、皆の大好き理由だったのです。
クラスの中でちょっと乱暴で声が大きくて、でもいつも元気な、カメちゃんという男の子の言うことも、ホームルームの最中によそのクラスの女の子と遊びに行っちゃって、
「どうして分かっちゃったのかなあ?」
と、頭を掻いている、風紀委員のヒロシ君の話も、頭が良くて意見をはっきりと言う、元学級委員の前原くんや、最近転校してきた枝野くん、そして皆の遊び場を安全にすることをいつも一番に考えているみづほちゃんの話にも、いつもいつもニコニコして「うんそうだね!」とうなずいてくれる由紀夫くんなのです。

学校の先輩に、いろんな大変な経験をいっぱい積んでいて、でもちょっと何を考えているのか分からない所もある、一郎さんという人がいた。
どちらかというと無愛想で、怖い顔をしているので、友達からも少し距離を置かれている
のだけど、一郎さんには大きな夢があって、自分の母校を「日本一の学校」にしたいと思っているのです。
そのために、いろんな所から沢山の情報や寄付を集めて来て、便利な設備をいっぱい作ろうと思っていたのです。
でもその集め方が少し強引過ぎると思う人もいて、時々注意や抗議を受けることもあるのです。
だけど、この学校の皆も、自分たちの学校を「日本一の学校」にしてやがては日本中の人々を幸せにしたいと思っているのです。
そのためには先輩の一郎さんと力を合わせていかなくてはなりません。
クラスの皆がもう一回初心に戻って、自分たちのやるべき責任を思い出して、気持ちを引き締めなきゃいけないねって思っているのです。

由紀夫くんを中心に、皆でちゃんともう一度話し合って欲しいと思います。

由紀夫くんも誰にも「いい顔」をする優しさじゃなくて、自分が思っている意見をちゃんと言えるような強い優しさを発揮して欲しいと思います。

ざっとこんな感じでしょうか。まだ遅くないので「民主主義」とは何か、「国民主権」とは何かを考えて欲しいと思うのです。

出会いと別れの季節、「今」こそ、「必要」と「不要」、「善」と「悪」、「拾」と「捨」、を明確にする時期だと思うのです。

さて、落合ドラゴンズ、今季は「不言実行」のシーズンらしい。
「選手」と「監督」の信頼の強さが、「勝利への鍵」なのだろう。

また、忙しい日々、忙しい生活、が始まりそうだ。




|

« 春朧な宵想 | トップページ | 幸先のいい春ではあるけれど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/33942238

この記事へのトラックバック一覧です: 「ON」と「OFF」の季節:

« 春朧な宵想 | トップページ | 幸先のいい春ではあるけれど・・・ »