« 弥生三月、宴の予感 | トップページ | 「ON」と「OFF」の季節 »

2010年3月15日 (月)

春朧な宵想

三月か早くも折り返してしまった。

暑かったり寒かったりの繰り返しでどうも体調管理が難しい。
そして何よりも着るものが難しい。内側に増やそうか、外側を厚くしようか、それともその逆にしようかと毎回出掛ける時に迷ってしまう。おまけに出掛ける時と帰る時の寒暖の差が激しいから益々困ってしまうのだ。まだまだしばらくこんな気候が続きそうだ。

プロ野球もいよいよ今週末からパ・リーグ、来週末からセ・リーグが開幕する。
各チーム主力選手の調整が急ピッチで進んでいるようだ。
わがドラゴンズは外野の一枠ないし二枠のポジション争いが激しくなっている。例年にない新人選手の活躍が中堅・若手・ベテランに大きな刺激になっていて、連日のようにトーチュウ紙上を賑わせていて、我々ファンをとてもワクワクさせてくれている。
そしてオープン戦の中継を見ると、今年のドラゴンズのベンチが何故か明るく、落合監督の笑顔が目立つのだ。選手やコーチを信頼しきっているような気がしてならないのだ。
キャンプの初めに言っていた「今年は監督が監督らしくする」の言葉を粛粛と実行しているように見える。阿吽の信頼感を主力らベテラン陣には醸し出しておいて、若手には漲る緊張感で叱咤する空気がベンチ内に溢れているようでこちらまでが武者震いしてしまいそうだ。
とにかく去年以上に楽しみで期待できる我がドラゴンズに大いに声援を送って行こうと思っている。

街が日一日と春めいて来て、沈丁花の甘い香に溢れていると、まるで生き物や虫のように、どこかに飛んで行ってしまいたくなるから不思議である。
浮足立つ気分を押さえてしっかりやることをやっていかなくては、春爛漫とならないので、気を引き締めて行こうと思う春の朧夜である。

|

« 弥生三月、宴の予感 | トップページ | 「ON」と「OFF」の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/33784949

この記事へのトラックバック一覧です: 春朧な宵想:

« 弥生三月、宴の予感 | トップページ | 「ON」と「OFF」の季節 »