« 熱狂の猶予は果たして? | トップページ | 勝者と敗者の分かれ目 »

2010年6月30日 (水)

「岡田ジャパン感動をありがとう」の『世論』も案外捨てたもんじゃない

六月十一日にワールドカップは始まった。

岡田ジャパンは世評を跳ね退けて、初戦・カメルーンに勝利を上げてからあれよあれよと決勝トーナメントに進出した。

そして昨夜、日本中の大きな期待を一身に背負って岡田ジャパンはベスト8を戦った。
そして、日本中の熱狂的な声援空しく延長死闘PKの末敗れた。

神様の悪戯に左右されるPKで敗れた事は、誰もがきっと「運のなさ」として諦める事を素直に受け入れられたに違いないと思う。

「感動をありがとう!」
「元気をくれてありがとう!」

と、ジャパンの選手・監督・コーチを讃える世論がホントに嬉しいし、あまりいい話の少なかった昨今の状況を打開してくれる大きなエポックメイクとなり得たと思うのだ。
単純ではあるが、この梅雨季のうっとうしさを忘れさせてくれた岡田ジャパンの半月余りの健闘に改めて大きな拍手を送りたいと思うのだ。

ワールドカップと同時に始まった、菅直人内閣、大相撲賭博問題、参議院選挙戦、消費税値上げ発言騒動等々、未だどれも決着は着いていないが夏以降に向けて益々ヒートアップして行きそうな話題ばかりで目が離せない。

サムライブルーがいつしかドラゴンズブルーに代わって、名古屋の街を埋め尽くす日は果たして今年中に来るのだろうか?と不安になってしまうような今の我がドラゴンズの戦いっぷりなのである。

落合監督が岡田監督のようになることをひそかに願う位、弱気になっている。
今日は虎を喰らうぞ!

|

« 熱狂の猶予は果たして? | トップページ | 勝者と敗者の分かれ目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/35589628

この記事へのトラックバック一覧です: 「岡田ジャパン感動をありがとう」の『世論』も案外捨てたもんじゃない:

« 熱狂の猶予は果たして? | トップページ | 勝者と敗者の分かれ目 »