« 暑い熱い夏の闘いは続く | トップページ | 今、中日が、日本が、アブナイ! »

2010年7月30日 (金)

喧騒な七月の終焉に

豪雨と猛暑の記憶を宿して七月が間もなく終わる。

不安定なねじれを携えた新しい国会が始まった。
国民の為の政治はとても期待できそうにないようだ。

プロ野球は後半戦開始のその日に両リーグ共に首位と二位が入れ替わるという珍事が起きた。
我がドラゴンズも巨人に勝ち越して首位阪神まで三ゲームの所に付けて今日から
「首位決戦 大阪夏の陣」が幕を開ける。

昨日は天下の色男・海老蔵の超ど派手な結婚披露宴のニュースの裏で、国民的アーティスト、サザンオールスターズ・桑田佳祐の食道ガン公表記事が躍っていて、ファンはもとより日本中が何だか朝から夜から大騒ぎであった。

かと思えば、日本で二番目に高齢とされていた、111歳の男性が実は30年程前に亡くなっていて、ミイラになって布団の中に横たわっていたという、
真夏の怪談のような話が報じられた。

とにかく何から何まで日本の夏は大騒ぎなのである。

景気はといえば、政治家が無能無策で一向に回復の兆しもなく、
デフレは長期化して失業者数は全く減らない。今年度も後半戦中盤で果たしてどんな年末になって行くのだろうか?本当に生きる事が困難な世の中になってしまったものだ。

この八月は日本に少しでも希望の光が見える夏であってほしいと願うばかりである。

心まで夏バテして水分が不足してしまっているようだ。

元気な明日が迎えられるように頑張って行こうと思っている。

|

« 暑い熱い夏の闘いは続く | トップページ | 今、中日が、日本が、アブナイ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/35958776

この記事へのトラックバック一覧です: 喧騒な七月の終焉に:

« 暑い熱い夏の闘いは続く | トップページ | 今、中日が、日本が、アブナイ! »