« ひたむきな姿を神様は見過ごさない! | トップページ | 猛暑が続く九月になって野球の神様の気まぐれな悪戯が面白い »

2010年8月19日 (木)

キーワードは「ひたむきさ」と「感謝心」

◆18日=ナゴヤドーム
○中日 3-1 巨人●
スコア

天下分け目の三連戦の二つ目もドラゴンズが快勝した。

仕事でお膝元・愛知に来ていたが、結果は在京スタッフからの「雄叫びのメール」で知った。そして何とヒーローが先日の最下位の横浜戦で不様なピッチングでKOされ、先発を飛ばされてもおかしくない山井だった。
しかもノーヒットノーラン寸前の快投を演じたらしいから嬉しいを通り越して感激している

昨日の新聞紙上の予想先発欄にも、次の候補のネルソンが書かれてあったのにである。

山井にとっては、三年前の日本シリーズ優勝決定戦での完全試合直前降板で天下を大いに湧かせ、その後二年間肩肘の故障で登板すらできない苦しい時期を経て、やっと掴んだ今季の先発ローテーションだった。
野球生命と戦いながらのリハビリはさぞ辛い時間であったと思う。復活を待ち望んでくれていた、鬼将軍・落合と鬼参謀・森に報いるべくシーズンであったに違いない。
好投と乱投を繰り返しながらのシーズンであっても、潜在能力の高さを買われての信頼の起用なのだ。それを一番知っているのが山井本人である。そしてその人知れず「ひたむきさ」と「感謝心の強さ」を山井が持ち得ていることを、鬼将軍はよく知っているのだ。

快投おめでとう!

さてもう一人、夕べの勝利にはヒーローがいる。

野本だ。

一割台の打率で凡打の山を積み重ねているが、今季一度もファームに落とされることのなかった若手野手が野本だった。
自分の身長に満たない打率の野本を毎試合代打などで起用する落合の目を疑ったケースも数多くある今シーズンだ。だが、この男も「ひたむきさ」と、使って貰っても活躍出来ないがその起用に対しての「感謝心」は誰にも負けない男だったのだ。

そして夕べ野球の神様は初めてこの男・野本に微笑んだのだった。

二人の男のヒーローインタビューは「すみません」のファンへの懺悔から始まったらしい。
二人の「ひたむきさ」とファンへの「感謝心」が神様に笑顔を向けさせたそんな夜だったのだ。

今年のドラゴンズのキーワードはどうやら最後まで「ひたむき」と「感謝心」になりそうだ。
さて、今夜の三つ目の試合は果たして誰の「ひたむきさ」と「感謝心」に神様は微笑んでくれるのだろうか、楽しみでならない。

|

« ひたむきな姿を神様は見過ごさない! | トップページ | 猛暑が続く九月になって野球の神様の気まぐれな悪戯が面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/36241660

この記事へのトラックバック一覧です: キーワードは「ひたむきさ」と「感謝心」:

« ひたむきな姿を神様は見過ごさない! | トップページ | 猛暑が続く九月になって野球の神様の気まぐれな悪戯が面白い »