« 知将・落合の最終手綱捌きはいかに? | トップページ | 今年最後のワンクールが始まった »

2010年9月28日 (火)

唖然 ・呆然 ・アキマセン

夏が逝った、
跡形もなく、世の中は秋色一色に・・・・。

暑すぎた今年の夏は息詰まるプロ野球のペナントレースと、景気低迷をよそに過熱した、民主党代表選の仁義なき戦いに彩られていたようだ。

そのプロ野球もパ・リーグは、7年ぶりにソフトバンクが逆転優勝を144試合の最終戦で決めた。
セ・リーグは我がドラゴンズがまたもや鬼門神宮でヤクルトに金縛りにあったかのような戦いで敗れ、阪神にマジック8を点灯させたまま、10・2の最終戦を迎える事になった。

さて、世の中は尖閣列島問題で対中国との間で大きく揺れている。
この領土問題については、僕自身不勉強なのでコメントは控える事にするが、一昨日ひとつの場面に出くわした際の、唖然・呆然、の自分の想いに触れてみようと思う。

その驚愕した場面は26日の国技館で起きた。
国技館は横綱・白鵬の四場所連続全勝優勝と希代の名横綱・双葉山の69連勝に迫る62連勝の戦績に沸き上がっていた。野球賭博騒動で存在自体が危ぶまれていた大相撲に、まるで都合よく誰かが仕掛けたようにさえ見える「白鵬フィーバー」なのだが、な、なんとその千秋楽の表彰式に、かの菅直人総理大臣が総理大臣授与に笑って登場して来られてしまったのだ。
しかも、重いトロフィーをよろよろと笑いながら持つ姿がまるで庶民受けをすると勘違いしているかのように、ワンシーンがテレビに大きく映し出されていたのだ。
国民の目には果たしてどのように映っただろうか?

尖閣列島問題で中国に対して問題解決の目途も立たず、在中邦人が4人拘束されたままで、ちょっと交渉を間違えば取り返しの付かない国家間の大問題が勃発しそうな重大な時期に、まるで、全く、全然、空気の読めない、無力脱力ボンクラ駄目駄目総理大臣の情けない姿を見せつけられた日本国民はホントに不幸であるのだ。「最小不幸社会の実現」が聞いて呆れてしまうのである。どうせやるなら、あの「ダイワハウチュ」の「ダイワマン・エックス」や「ダイワウーマン」の、唐沢寿明や黒木メイサが着けるコスチュームでも着けて出て来るのなら大笑いして許してあげるのに(嘲笑)。

政治主導が呆れてしまうし、何もしていないうちに国民受けだけを狙っているとしか見えないパフォーマンスをする連続に、つくづく嘲笑いが止まらない、菅内閣ならぬ仙谷内閣なのだ。

ホントにこの国はどこに向かって行くのだろうか?不安を拭える予感さえして来ないのがとても不気味である。
非常時に国の宰相がうつつを抜かしている姿があの「昼行灯・大石内蔵助」の計算された「愚行」ならいいのだが・・・まさかなのだ。
それはまるでジャイアンツの原監督が、球団とファンの厳命であるリーグ四連覇をいよいよ逃しそうな非常時に、「SMAP×SMAP」の番組にゲストとして「さんま」と一緒に出演しているようなものなのだ(笑)。

国辱者だぞ、菅直人!

折角の政権交代を貴方の無能な行動で「無」にするべきではないのだ。412人内閣という「畑の肥やし」に終わらない、中身のある政治を期待する国民が愚かだとでも言うのだろうか?猛省を促したい。

激夏を終えて
「さあこれからはいよいよ一年の総決算の実りの秋の到来だ!」
と思った時、目の前に現れた一つの信じられない場面に「唖然・呆然・アキマセン」と叫びたくなった自分の想いを綴ってみた。

ところで、イチローさん、10年連続200安打越えおめでとう!

そして、ドラゴンズのリーグ優勝をあくまでも切望している秋の夜長なのだ。

|

« 知将・落合の最終手綱捌きはいかに? | トップページ | 今年最後のワンクールが始まった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/36967615

この記事へのトラックバック一覧です: 唖然 ・呆然 ・アキマセン:

« 知将・落合の最終手綱捌きはいかに? | トップページ | 今年最後のワンクールが始まった »