« いよいよだ!尾張決戦。 | トップページ | 転から結へと »

2010年10月25日 (月)

やっぱりドラは強かった!

クライマックスシリーズが終わった。

今シーズンを象徴するような幕切れだった。
クライマックスシリーズ初のサヨナラ勝ちでの優勝、そして日本シリーズ進出である。

打撃不振でノー感じな雰囲気を漂わせていたドラゴンズの四番打者・和田が、美しいラインドライブのライナーでレフト・”ラミちゃん”の頭の上をジェット機のように飛んで行った打球は、ドラゴンズファンの夢をいっぱい載せていたに違いない。

ありがとう和田!ありがとうドラ戦士!

お陰で今年はまだまだ11月まで野球の応援を楽しむ事ができる。
そして56年ぶりの完全制覇を成し遂げる事ができるかもしれない。

プロ野球放送が地上波では視聴率が取れなくなって久しいが、昨今のBS・CS放送での実況の充実ぶりを見ればそれもやむなしという所かもしれないが、本来のプロ野球ファン以外の人達へのアピールは今後も益々弱くなって行く事が予想されて、いささか寂しい限りではある。
ただ、昔のように、巨人戦しか地上波放送がされずに、自分の贔屓(ひいき)のチームの放送をラジオやらケーブルTVでの放送を探して探していた頃を思えば、BS・CSに加入さえすればたいていの試合はやっているので安心だ。
ということで、今年の中日対ロッテの日本シリーズの全国地上波放送は何試合かやらないらしい。
ドラゴンズが全国的に人気がないとドラゴンズのせいのように書きまくるマスコミも少なくないが、半分当たっていて半分当たっていない。

要するにとどの詰まりは、時代の流れなのである。

多チャンネル化の趨勢であらゆるメディアの中から一人一人が自由にプログラムを選んで一人で楽しむ時代になったということなのだ。
同じ贔屓のチームを応援するために、スポーツバーのような場所でのパブリックビューイング観戦というのも流行りなのだ。気の合う同士やら知らない同士やらが同じ目的で一つの場所に集うというのも新しい連帯の一つの形なのだろう。
どちらにしても、週末からの中日対ロッテの闘いが楽しみである。

28日にはもう来年の為のドラフト会議が開かれる。
12球団が来シーズンを睨んでの新人選手の獲得に血眼である。
人気選手である早稲田大学のハンカチ王子こと斎藤佑樹君も有力な候補選手の一人であるが、今年は特に大学生に優秀な選手が豊富で獲得競争も激しくなっている。
彼らドラフト候補選手にとっては、人生が決まる瞬間でもあり、大変な一日になりそうだ。

我がドラゴンズは、一部報道によると、今年は指名を少なく2人位に絞って、即戦力選手を獲得するらしい。
あとは豊富にいるまだ孵化していないファームの若い金の卵を鍛えて育てる方針らしい。
とてもいいことだと思う。落合が常に言ってるように、この世界は熾烈な競争社会で、入団する選手と同じ数だけ退団する選手がいるのだから、入れる方も入る方もそれはそれは大変な責任があるという事なのだ。
『育てる』という事がいかに大変な仕事であるかという事なのである。
巨人もそのことに今やっと本当に気付き始めたらしく、他の球団の出来る外人を獲得するのはもうやめるとか何とか・・・、クライマックスシリーズ終了後早々とクルーン、イ・スンヨブ、グライシンガー、エドガーなど今年まで在籍した外国人選手との契約をしない事を発表したみたいだ。
さらに、秋のキャンプでは、一・二軍選手の垣根をなくして全員一線で鍛え直すとか、今朝の新聞で原監督のコメントとして載っていた。まさに何処かのチームの誰かさんみたいでさすがに笑ったよ。

来季は何処のチームも目くじらを立てて打倒ドラゴンズで向かってくるだろう。
その為にも是が非でも日本一になって「自信と誇り」を築いて、それぞれが堂々と来季に臨んで欲しいと願っている。

それにしても今年のドラは強かったなあ。
祝・日本シリーズ進出!

|

« いよいよだ!尾張決戦。 | トップページ | 転から結へと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/37385907

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりドラは強かった!:

» プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)の目玉・斎藤佑樹投手 [斎藤佑樹画像★斎藤佑樹動画写真集]
プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)は28日に開催される。粒ぞろいの候補の中でも最大の注目は、東京六大学リーグで活躍する斎藤佑樹投手(22)の行き先だ。早実時代に甲子園夏の大会で優勝し、全国区の人気に。押しも押されもせぬ早大のエースに成長した斎藤は「12球団(入団)OK」と公言。人気と実力を備えた右腕のプロ入りが球団や球界にもたらす経済効果を「無限大」と指摘する専門家もいる。 今年は神宮球場のネット裏に陣取るスカウトの姿が目立った。各大学に即戦力と評価される投手が多かったた..... [続きを読む]

受信: 2010年10月26日 (火) 09時16分

« いよいよだ!尾張決戦。 | トップページ | 転から結へと »