« 井端の動きが活発だ | トップページ | やっぱりドラは強かった! »

2010年10月20日 (水)

いよいよだ!尾張決戦。

いよいよ今日からセ・リーグのCSファイナルステージ、中日対巨人の戦いが、
尾張名古屋の地で幕を開ける。

昨日、史上最高の下剋上とやらが実現してしまい、シーズン三位のロッテが逆転でソフトバンクを倒した。
「勝たなきゃならぬ」
のリーグ優勝チームのソフトバンクのプレッシャーは
「負けてもともと」
のロッテのそれをはるかに上回っていただろう。
金縛りにあったようにソフトバンク打線は、最後まで快音を鳴らす事が出来ず、日本シリーズ進出を後塵ロッテに譲る事になってしまったのだ。
勝負の世界の厳しさをまざまざと見せ付けられた瞬間でもあった。

この事は同様にセ・リーグの戦いにも言える事であって、我がドラゴンズも油断する事なく伸び伸びと普段通りの野球をやって貰いたいと願って止まない。
世評が圧倒的にドラゴンズ有利であるからこそ、余裕を持った、プレッシャーをはねのける試合ぶりを見てみたいと思っている。

敵将・原辰徳巨人軍監督は、不敵な笑い顔でドラゴンズ戦を迎えようとしているようだ。

では最後に原監督の口癖を使って今の彼の気持ちを代弁してみようと思う。

「我々は挑戦者という“部分において”
クライマックスファイナルステージという最高の舞台の“中で”
いかに“胸と胸を突き合わせて”闘うかということこそが
“サムライ魂”そのものであるからして
選手各自の“生き様”を“男らしく”見せて貰いたいものだ“ということ”“以上”…」

♪ガンバレ!ドラゴンズ 燃えよドラゴンズ!♪

|

« 井端の動きが活発だ | トップページ | やっぱりドラは強かった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/37316725

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよだ!尾張決戦。:

« 井端の動きが活発だ | トップページ | やっぱりドラは強かった! »