« 連勝横綱が負けて、相撲界にもたらすもの | トップページ | ゲゲゲでととのわない一年 »

2010年11月18日 (木)

真摯で適切で遺憾な政治家群は誰も彼もデスパレートな人種である!?

いやいや実に特異な人種達の集まりである。

永田町でおよそ世人の心から乖離した日々を繰り広げている面々の話である。
我々の血税を生活の糧にして自分達の保身と名誉の為だけに
「政治ごっこ」
をしているとしか思えない輩に、怒りと諦めの、落胆だけが我々国民の間に渦巻いていると言っても過言ではあるまい。
去年の今頃、流行語大賞にまで選ばれた『政権交代』そのものが、
遥か大昔の幻のようになってしまった。
しっかりしたビジョンや展望が確立していない烏合の衆の集まりが『権力』を握ってしまった時に現れる、
幼さ・はかなさ・危うさ・心もとなさ
がこうも見事に如実に顕れて来る事は予想だにしなかった。
多くの心ある国民には『政治不信』の四文字が渦巻いているのに違いない。
相変わらず回復の兆しすら見えて来ない、最低の景気や雇用が
この年末にも辛く厳しい現実を伴って襲って来る。
そして何よりもこの国は何処に向かって進んでいるのだろう。
自らを『市民運動出身総理』と宣い、『正義と良心の弁護士出身官房長官』と奢る二人のリーダーに『市民』とは『正義』とは、と改めて尋ねてみたい。
貴方達には『国民』の「溜息」や「吐息」が聞こえているんですか?

自らの浅はかさから招いた必然的な舌禍に野党からの集中放火を浴びている「法務大臣」に至っては、巨人・原監督の言葉ではないが「評論に値しない」存在である。
『真摯』『適切』『遺憾』の三つの言葉を、実に拙く惨めに駆使し続けるこの人種には元々「国民の幸福と繁栄」を築く気概があるはずがないのかもしれない。
嘆かわしさと情けなさに包まれた閉塞感にいたたまれず、
今日は久々政治への苦言blogを記してしまった。

今年の流行語大賞は正に『政治不信』でいいのではないだろうか。

リーグ優勝を果たしたドラゴンズに於いても、この不況を反映してか、選手にとっては決して皆がバラ色の契約更改ではなさそうだ。

政治家にも国民との「契約更改」が必要かもしれない。

菅直人は60%ダウンとか…ね(笑)。

|

« 連勝横綱が負けて、相撲界にもたらすもの | トップページ | ゲゲゲでととのわない一年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/37718671

この記事へのトラックバック一覧です: 真摯で適切で遺憾な政治家群は誰も彼もデスパレートな人種である!?:

« 連勝横綱が負けて、相撲界にもたらすもの | トップページ | ゲゲゲでととのわない一年 »