« 真摯で適切で遺憾な政治家群は誰も彼もデスパレートな人種である!? | トップページ | 不遜を極める、梨園のプリンス »

2010年12月 2日 (木)

ゲゲゲでととのわない一年

師走になった。

年末恒例の流行語大賞も発表された。

『ゲゲゲの~』が大賞になった。

思えば昨年の『政権交代』の語句が今やとても影薄く遥かな夢幻の如き惨状に、この『流行・・・』という言葉の持つ移り変わりの速さとはかなさを感じずにはいられない。

史上最低の内閣になりそうな様相の『菅内閣』が、
支持率1%になっても辞めないと言ったとか言わないとか、
もはや権力の座にしがみつく事しか考えていないような総理大臣にやがて来る必ず来る、新しい一年を託していいものだろうか?と、悩み困ってしまっているに違いない我々日本国民は、それぞれが今何を考えているのだろう?

本当に今年は、
A(あれれれ?)
K(困っちゃった!)
B(馬鹿じゃないの?、)
4(四苦)
8(八苦)
で、ととのわなかった、
ゲゲゲな一年だったから、
来年こそもってる一年にしなきゃって思ってるなう
って感じの年になったように思える師走の始まりである。

先月も今月も何かと慌ただしく忙しいけれど、一年の締め括りとして色々考えながら過ごして行かなきゃと考えている所だ。

プロ野球も各チーム様々補強が始まっている。
我がドラゴンズは、契約更改の悲喜こもごもが色々と報じられている。

落合監督も珍しく色んな場所で沢山話をしているようだ。
先日のOB会では、
「来年は私にあまり優しい言葉はかけないで下さい。どんどんキツーイ事を言って下さい。それをエネルギーにして頑張って行きますのでよろしくお願いします・・・」
と語ったらしい。
オレ流は極めて健在という所だが、愛息フクシ君も結婚することだし、益々揺るがなく強いドラゴンズというチームを完成して欲しいものです。

師走の戯れ言でした。

|

« 真摯で適切で遺憾な政治家群は誰も彼もデスパレートな人種である!? | トップページ | 不遜を極める、梨園のプリンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/37930821

この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲでととのわない一年:

« 真摯で適切で遺憾な政治家群は誰も彼もデスパレートな人種である!? | トップページ | 不遜を極める、梨園のプリンス »