« 不遜を極める、梨園のプリンス | トップページ | プレッシャーの持つ意味 »

2010年12月10日 (金)

今年の漢字、ドラゴンズは『惜』?

今年の漢字が決まった。『暑』である。

この漢字は、ついついその決定の仕組みを忘れてしまうのだけれど、日本漢字能力検定協会が公募で選ぶ漢字である。
ということは、国民の多くが今年を表すに相応しいと思っている漢字なのだろう。

最近では「あなたにとって…」といった形でそれぞれに「今年の漢字」というのを聞いたり書かせたりする場面も多く、それはそれでとても意味があることのように思ったりもするわけだ。

百人には百通りの「今年の一文字」があり、
千人には千種類の「今年を象徴する漢字」があるのだろう。
さしずめドラゴンズにとっては
『惜』
で落合監督にとっては
『不』
落合家には
『寿』
なのだろうか?

我社シー・オーグメントにとっては
『並』
で、僕は
『耐』
だろうか?

それにしてもこの一文字表現法は、
なかなか頭を使う作業ではあるなあと感じる12月10日ではある。

|

« 不遜を極める、梨園のプリンス | トップページ | プレッシャーの持つ意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/38029685

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の漢字、ドラゴンズは『惜』?:

« 不遜を極める、梨園のプリンス | トップページ | プレッシャーの持つ意味 »