« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

深夜のコングラッチュレーションの原動力とは?

1月30日午前2時過ぎ、日本中が興奮の坩堝と化した。

サッカーアジアカップ決勝戦で延長の末、
ついに強敵オーストラリアを1-0で破り、見事に優勝を果たしたのだ。

延長後半、またもやPK戦に持ち越されそうな両チーム譲らぬ接戦に
勝利への楔を打ち込んだのは、何と延長戦に入ってから起用された、
在日韓国人四世で数年前に日本に帰化した新鋭FWの李忠成(り・ただなり)だった。
MFの長友の見事なセンタリングパスをダイレクトで左足からのボレーシュートをゴール左上に思いきり打ち込んだのだった。
実況アナが思わず「サッカー漫画にあるような見事なボレー」と言っていたが、まさに信じられないような、絵に描いたシュートであった。

今大会初めて日本代表に選出された李は、今大会では二度目の途中出場だった。
あのプレッシャーと重圧に金縛りに遭うことも珍しくない状況で
最高で完全なシュートが決められるということこそ
日頃からの準備とイメージトレーニングの賜物にほかならないのだと思う。

一夜にしてヒーローにのし上がった李に対しては、予想通り週明けのメディアでの
「李忠成ってどんな選手?」的な報道は過熱しているようだ。
それにしてもジャパンを率いる
ザッケローニ監督の慧眼には改めて畏れ入ってしまうのだ。
レギュラー選手のみならず、ベンチ入りの全ての選手の能力と状態を見極めて的確に選手起用をし続ける采配こそが、
このアジアカップ優勝を勝ち得た原動力となったに違いない。
カタール戦の伊野波といい、韓国戦の細貝といい、決勝戦の李といい、
途中から出場した選手がいずれもゴールを決め勝利を呼び込んでいる事実が如実にこの監督の慧眼の確かさを証明している。

日頃から選手達の適性や能力、そして性格までも把握して、早く日本人のメンタル面に於いてまで掌握を心掛ける、ザッケローニ監督の姿勢にはかねがね注目していたが、
見事にその結実の時をドンドン近くしているような頼もしさを感じるのだ。

控え選手達が腐る事なく「その出番の時」の為に常に準備を怠らないチームには
必ず「チームワーク」という大きな「エネルギー」が生まれて来るから、それをものの見事に証明してくれた、
このアジアカップジャパンチームの「優勝」であったといえるのに違いない。

やったぜ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

僕が見つけたちょっといい話

サッカーアジアカップでは、
あれよあれよで何とザッケローニ率いる新生ジャパンチームが決勝進出を果たした。
何につけ新年早々喜ばしい快挙である。
連日の熱闘に思わず声を上げ拳を握ってしまう自分には笑ってしまう。

とりわけ、25日に行われた、隣国である韓国戦との死闘には力が入った。

延長戦の末、PK戦で勝利を飾ったのだが、試合終了間際の韓国の同点ゴールには身震いが起きる程に、韓国の「絶対に日本には負けない!」
という粘り強さをまざまざと実感してしまったのである。
隣国である韓国とはこれからも永遠に宿敵の関係である事をも改めて確信した瞬間でもあった。

そんな劇的な勝利に湧く日本チームの中で二人の選手が、顔を覆い涙する相手チーム韓国の方へいち早く向かっていたのだ。一人はベテラン遠藤保仁、もう一人は試合中に怪我をして途中交代してしまった主将の長谷部誠である。

ベテラン遠藤は、この日韓戦が代表通算百試合となる朴智星に歩み寄り抱き合い何も言わずに彼の頭を優しく撫でたのだ。朴はこの大会で代表を引退する旨を表明した韓国チームのエースである。日本チーム最年長の遠藤とはJリーグ京都時代でもよきライバルでもあった仲であったが、この試合が相対する最後の試合になるかもしれない相手チームのエースとの健闘を讃えあったのだろう。遠藤にとってもこの日韓戦は特別な試合であったに違いない。
そして、長谷部は痛めた足を引きずりながら日本チームではなく先に相手韓国チームに向かって行ったのだった。
敗戦にうなだれ涙する韓国選手の肩を叩き相手の健闘を讃える、
この若きジャパンの主将の姿には、思わず熱いものが僕の胸に込み上げて来た。

感動的な勝利の陰で見せてくれた日本の二人のアスリートの姿に、
スポーツマンが決して忘れてはいけない、相手への敬意と思いやりそして心くばりの大切さを思い出させて貰ったのだ。

これこそが、スポーツに対して、
サッカー競技に対しての深い愛情に外ならないのだと思うのである。
熱戦の隙間で見つけた感動的なシーンに
思わずスポーツの素晴らしさを堪能させて貰う事ができた。
この感謝の姿勢がある限り、明日深夜のオーストラリアとの決勝戦でも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるに違いないと、今からワクワクしているのだ。

ガンバレ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

もはやトチ狂ってしまったと笑うしかないのか!

年が明けて早くも二週間が過ぎてしまった。

世の中は『斎藤佑樹フィーバーとタイガーマスク現象』が異常なまでに沸き上がり、
「爽やかさと名も無き善意」がこの断末魔の我がニッポンをかろうじて救ってくれている。

新年早々政治は目茶苦茶になってしまっている。

何をやってもパッとせず非難の嵐の中にいた我が国の「市民運動出身の総理大臣」は、もはやトチ狂ってしまったとしか思えない。何のために国民は一昨年夏民主党に政権交代の負託を委ねたのか解らなくなってしまった。
国民生活第一のスローガンの看板を見事に下ろして
『大増税路線』を走り始めようとしているのだ。
国民を無視した呆れた内閣を推進しようとしているこの男の頭の中は
『権力亡者』としての「知恵」しかないのだろうか?
突然の思いつきもいい所の発言を連発するこの男には「節操も恥」もないのだろうか?
突然本屋に行ってみては沢山の本を恥ずかしげもなく買い漁る様は情けなく恥ずかしいし、ご近所のスーパーに夫人と行って大根と豆腐を買ってみても実にわざとらしいし、そういえば過去にも、貝割れを食べたり、坊主頭でお遍路さんをやったり、どれもこれもわざとらしい人間のさもしい姿だったなあと改めて思うのである。

『平成の開国』だと宣ったこの男の頭には思慮のない薄っぺらい思いつきの脳しかないのだろうか?もう何もしなくていいからとっとと職を辞してほしい。
「歴代の首相が早々と気力を無くして辞めて行く気持ちが解る」
とインターネット放送で言っている姿を見てますます情けなくなってしまった。
「こんなに一生懸命やっているのに国民に解って貰えなくて気力が萎えて行く」のだと、
おっしゃって居られたのです。
この何たる恥じのない女々しさ、ホントに笑い飛ばすしかないのだろうか?

『開国』などしなくていいので、『鎖国』のままで切腹して下されと申し上げたい。

今日発表した改造内閣には、昨日まで民主党を徹底的に馬鹿にして批判し続けていた、老輩なる政治家を経済担当閣僚に起用してしまい、各方面から失笑を浴びている。
まさに今、『トチ狂っている』としか思えない愚かなリーダーに化してしまったのだ。
この新しい年が早くも暗澹たる空気に充満されてしまい、行く先も見えなくなってしまっている現実に戸惑うしかないこのニッポンを憂う2011の最初のblogになってしまった。

と書いていたら、突然、首相の記者会見が始まってしまった。
見たくない顔の男が何やらくっちゃべっているが、NHK以外の民放局は全てこぞって数秒映しただけでグルメ特集などに移行してしまったのだ。
これほどに人気のない注目に値しない総理大臣は過去にいただろうか?
皆が揃って呆れてしまっているのだろう。一月五日に報道ステーションに年頭の挨拶に総理が出演すると解るや否や、通常の視聴率の三分の一にまで落ちてしまったのだという。
ピエロの域を遥かに越えてしまっているこの男の顔は国民が今見たくない顔の断トツらしい。

誰かが言っていた。
今、選挙をしたら総理大臣は「タイガーマスク」になるに違いないと…。
いい得て妙である。

質問にちゃんと答えない男だとかねがね思って来たが、今どこかの記者が「質問にちゃんと答えてほしい」と抗議をしている。
国民の誰もが思っているのだろうなあと感じながら、今日は筆を置こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

2011年 年始の誓い

2011onenga_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »