« もはやトチ狂ってしまったと笑うしかないのか! | トップページ | 深夜のコングラッチュレーションの原動力とは? »

2011年1月28日 (金)

僕が見つけたちょっといい話

サッカーアジアカップでは、
あれよあれよで何とザッケローニ率いる新生ジャパンチームが決勝進出を果たした。
何につけ新年早々喜ばしい快挙である。
連日の熱闘に思わず声を上げ拳を握ってしまう自分には笑ってしまう。

とりわけ、25日に行われた、隣国である韓国戦との死闘には力が入った。

延長戦の末、PK戦で勝利を飾ったのだが、試合終了間際の韓国の同点ゴールには身震いが起きる程に、韓国の「絶対に日本には負けない!」
という粘り強さをまざまざと実感してしまったのである。
隣国である韓国とはこれからも永遠に宿敵の関係である事をも改めて確信した瞬間でもあった。

そんな劇的な勝利に湧く日本チームの中で二人の選手が、顔を覆い涙する相手チーム韓国の方へいち早く向かっていたのだ。一人はベテラン遠藤保仁、もう一人は試合中に怪我をして途中交代してしまった主将の長谷部誠である。

ベテラン遠藤は、この日韓戦が代表通算百試合となる朴智星に歩み寄り抱き合い何も言わずに彼の頭を優しく撫でたのだ。朴はこの大会で代表を引退する旨を表明した韓国チームのエースである。日本チーム最年長の遠藤とはJリーグ京都時代でもよきライバルでもあった仲であったが、この試合が相対する最後の試合になるかもしれない相手チームのエースとの健闘を讃えあったのだろう。遠藤にとってもこの日韓戦は特別な試合であったに違いない。
そして、長谷部は痛めた足を引きずりながら日本チームではなく先に相手韓国チームに向かって行ったのだった。
敗戦にうなだれ涙する韓国選手の肩を叩き相手の健闘を讃える、
この若きジャパンの主将の姿には、思わず熱いものが僕の胸に込み上げて来た。

感動的な勝利の陰で見せてくれた日本の二人のアスリートの姿に、
スポーツマンが決して忘れてはいけない、相手への敬意と思いやりそして心くばりの大切さを思い出させて貰ったのだ。

これこそが、スポーツに対して、
サッカー競技に対しての深い愛情に外ならないのだと思うのである。
熱戦の隙間で見つけた感動的なシーンに
思わずスポーツの素晴らしさを堪能させて貰う事ができた。
この感謝の姿勢がある限り、明日深夜のオーストラリアとの決勝戦でも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるに違いないと、今からワクワクしているのだ。

ガンバレ日本!

|

« もはやトチ狂ってしまったと笑うしかないのか! | トップページ | 深夜のコングラッチュレーションの原動力とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/38644449

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が見つけたちょっといい話:

« もはやトチ狂ってしまったと笑うしかないのか! | トップページ | 深夜のコングラッチュレーションの原動力とは? »