« 僕が見つけたちょっといい話 | トップページ | いよいよ二月、ということは…? »

2011年1月31日 (月)

深夜のコングラッチュレーションの原動力とは?

1月30日午前2時過ぎ、日本中が興奮の坩堝と化した。

サッカーアジアカップ決勝戦で延長の末、
ついに強敵オーストラリアを1-0で破り、見事に優勝を果たしたのだ。

延長後半、またもやPK戦に持ち越されそうな両チーム譲らぬ接戦に
勝利への楔を打ち込んだのは、何と延長戦に入ってから起用された、
在日韓国人四世で数年前に日本に帰化した新鋭FWの李忠成(り・ただなり)だった。
MFの長友の見事なセンタリングパスをダイレクトで左足からのボレーシュートをゴール左上に思いきり打ち込んだのだった。
実況アナが思わず「サッカー漫画にあるような見事なボレー」と言っていたが、まさに信じられないような、絵に描いたシュートであった。

今大会初めて日本代表に選出された李は、今大会では二度目の途中出場だった。
あのプレッシャーと重圧に金縛りに遭うことも珍しくない状況で
最高で完全なシュートが決められるということこそ
日頃からの準備とイメージトレーニングの賜物にほかならないのだと思う。

一夜にしてヒーローにのし上がった李に対しては、予想通り週明けのメディアでの
「李忠成ってどんな選手?」的な報道は過熱しているようだ。
それにしてもジャパンを率いる
ザッケローニ監督の慧眼には改めて畏れ入ってしまうのだ。
レギュラー選手のみならず、ベンチ入りの全ての選手の能力と状態を見極めて的確に選手起用をし続ける采配こそが、
このアジアカップ優勝を勝ち得た原動力となったに違いない。
カタール戦の伊野波といい、韓国戦の細貝といい、決勝戦の李といい、
途中から出場した選手がいずれもゴールを決め勝利を呼び込んでいる事実が如実にこの監督の慧眼の確かさを証明している。

日頃から選手達の適性や能力、そして性格までも把握して、早く日本人のメンタル面に於いてまで掌握を心掛ける、ザッケローニ監督の姿勢にはかねがね注目していたが、
見事にその結実の時をドンドン近くしているような頼もしさを感じるのだ。

控え選手達が腐る事なく「その出番の時」の為に常に準備を怠らないチームには
必ず「チームワーク」という大きな「エネルギー」が生まれて来るから、それをものの見事に証明してくれた、
このアジアカップジャパンチームの「優勝」であったといえるのに違いない。

やったぜ日本!

|

« 僕が見つけたちょっといい話 | トップページ | いよいよ二月、ということは…? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/38681080

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のコングラッチュレーションの原動力とは?:

« 僕が見つけたちょっといい話 | トップページ | いよいよ二月、ということは…? »