« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

2月終盤のふたつの大きな事件から考えさせられる事

2月が終わる。
それにしても速かった。
2月の日々の移ろうスピードがやたらに速かった。
28日しかないことを差し引いてもあっという間の2月であった。

ニュージーランドの大地震が起きてもう一週間になろうとしているのに
一向に救出作業が進まないようだ。
語学を学びに志を抱いて留学していた日本人の多くがまだ行方不明のままである。
倒壊した瓦礫の下にまだ埋まっているようだ。
一日も早い瓦礫撤去の作業が進み、
『奇跡』が起こる事を祈る事しか出来ないのが何とも虚しく辛い。

昨日のニュースでは、何と今年の大学受験に於いて、携帯電話とインターネットを使ってリアルタイムでの問題・解答のやり取りが行われたという事件が報じられた。
京都大学、同志社大学、早稲田大学、
そして何と我が母校立教大学などで行われたのが発覚したらしい。
その方法やルートや単独なのかグループなのか、諸々定かではないが、いかにも『今』という時代が産んだ事件である事は間違いない。
「便利さと機能性」を企業が究極に追求し続けた果ての成果が、我々人間にもたらした物は果たして何だったんだろうかと考えてしまう。
人間を怠け者にしてしまったのではないだろうか?
勉強して知識や学力を伸ばす事よりも、いかに自分の持ち得る『ITグッズ』を駆使して受験問題を解くかを考え続けていたであろう人間を想像すれば、それはいかにも短絡的で痛々しく哀しく思えてきてしまう。
「バレナイ」と思ってやったとしたらそれは余りにも余りだが、受験場で解けない問題に出くわしどうにもならずに思い付き閃いた方法が「これ」で「一か八かの破れかぶれ」でやったとしたら、幼い行動ではあるが考えられない事でもない。

複数の大学で同じ方法で同じハンドルネームでやった事だと報じられているが、
最初の大学で初めて恐る恐るやってみたら「案外上手く行った」ので、
次の大学からはエスカレートして行ったのかもしれないし、
いつのまにか『合法』と錯覚でもしてしまっていたのかもしれない。

しかし今の時代、何よりも万能の機器であると言われている『携帯電話』を
厳正なる大学受験の場に持ち込みを禁止していない大学当局のルール作りこそが信じられない事実なのだ。
この世の中は多くが『性善説』に基づいて形成されているようだが、
『今』という限りなく情報に溢れた時代や限りなく高い技術に囲まれた時代こそ、自己責任の枠を超えた所に存在する『危険』に対しては『規制』というルール作りをして行く必要は喫緊の課題であるように思えてならない。

匿名性の強いネット社会故に起きやすい「過ぎた誹謗中傷」の類のトラブルや事件も絶えず、「人権」を護るという事も併せて検討して行かなければならないのだと思う。

法規制もある時には必要であるが、
我が国の政治家は世界中でも、最も『IT』に「疎い」人種であるらしい。
過日の「ウィキリークス」への対応の鈍さからも、日本の政府は今後益々世界の情報戦から置き去りにされてしまうような気がしてならない。

2月最後に起きた、二つの大きな事件は、人間ではどうにもならない『天災』に見舞われた人間が全力で人間の力を『救出作業』に注ぐ姿と、人間が作り上げた『技術』を人間が『不正使用』して、永年継続されて来た『受験』という方法や制度を冒涜してしまう姿が、対称的で皮肉な二枚の「時代の写し絵」のように見えてしまった。

勿論そこには『生命』の存在の有無について、比べ物にはならない違いがあるのだが、
崩壊してしまった無残な建造物の前で連日沢山の救助隊員が途方に暮れながらも作業をひたすら続けている場面を見れば見るほど、こんなに技術が発展した時代なのになかなかなす術が見つけられずに過ぎて行く時間との戦いの中で地道にひとつひとつ手作業に近い作業を繰り返すしかない「もどかしさ」を見つけてしまうのだ。

何やら多くの事を考えさせて貰う、短かった2月の晦日の夜である。

外は冷たいみぞれ混じりの雨、
春日と冬日を行ったり来たりしながら3月も過ぎて行くのだろう。

土日のドラゴンズのオープン戦を見た。
新戦力『グスマン』は本当にやってくれそうに、実に格好よく逞しく見えた。
3月が益々楽しみになってきた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

『言葉』の重さを自分の『体重』と比べてみれば
…というジョーク

いよいよ、菅幕府の崩壊が音を立てて始まった。

NO天気な将軍が仲間はずれのゲームに興じている間に、家来だと思って高を括っていたら、「貴方はもはや将軍ではない!」と言って反乱を仕掛けられたって所だろうか。

名前も知らない数合わせ要員だった家来達の襲撃に
「考えられない事だ」
といって苦笑している場合でもないだろうに、妙に落ち着いている「馬鹿将軍」が不気味ではある。回りの重臣が青筋を立てて怒っているのだが、
もう今となっては「手遅れ」ってか。
しかし、『国民不在』は相変わらずである。

『マニフェスト』を守れない『幕府』にもうこれ以上政事(まつりごと)を任せておく訳には行かないと思うのだが、我々『主権者』には、力を発揮出来る場所が与えられていないのだ。エジプトのように『デモ』でもやって抗議運動を起こすしかないのだろうか。

それにしても政治家から発せられる数々の言葉の『軽さ』には驚かされるばかりだ。
この『菅曲人』という将軍のあまりにも軽い言葉、口癖の無責任さには呆れてしまう。
「まさに…」
「いよいよ本格的に…」
「場合によっては…」
「ある意味では…」
「必ずしも…ぬ」
「まったく…ません」
この人の発言を聞いていると必ずどこかに上記のような言い回しが使われるのである。
いかにも適当で、ごまかしたりぼかしたりする言い回しの「雛型」の数々である。
そんな「雛型」に頼ってノラリクラリ発言してばかりいるから、時として「仮免」とか「疎い」とかいった致命的な失言をしてしまうのだと思う。
常日頃の発言に厳密な言い方が出来ない人だから、咄嗟に選択する「言葉」が軽はずみで周到さに欠ける物が多いのだ。
「オツムの弱さと思慮の浅さ」
を露呈してしまう『将軍様』を持つ民は、
哀しいかな『最高不幸社会の国民』に成り下がってしまうのだ。

春を待たずして『難局』を迎えそうな『政治』が、我々民により肌寒さを増した心も懐も寒々しい『長すぎる冬』を強いる事になりそうで不愉快極まりない。

そういえば、言葉の軽いもう一人の『野球・巨人軍』を率いる『将軍様』は、
「階段を一段一段駆け上がっている」
という独特で陳腐な言い回しで「ゴールデンルーキー・沢村拓一」を評して、宮崎を南下して初の沖縄の地にキャンプ地を移そうとしている。
相変わらずの『原語』が躍っているが、相変わらずの『意味不明』なのである(笑)。

『言葉』の持つ『意味』とその『重さ』を今一度熟考しながら、生きてみようと思っているのは僕一人ではないだろう。

自分の体重よりも軽い言葉は使わないようにしようなんて考えている所だ!?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

【近藤浩章ラジオ出演】2/20(sun)O.A
「夏子と千和のツンピリラヂヲ」

ドラ★ブロ読者の皆さんにお知らせです♪

2月20日深夜放送のラジオ番組
「夏子と千和のツンピリラヂヲ」
近藤浩章が出演します!

人気声優として一線で活躍する
桑谷夏子(くわたに・なつこ)と、
斎藤千和(さいとう・ちわ)
の二人が繰り広げる爆裂マシンガントークに、
我らが近藤が、ゲストとしてお邪魔してしまいます!

そんな絶妙なコラボレーションをどうぞお楽しみに!

放送は、東名阪の地上波AMラジオのほか、
週明け21(月)からは番組WEBサイトでも同じ内容をネット配信でお聞き頂けます。

要チェックです!!!
お聞き逃しなきように…

◆地上波放送
[放送日時] 2011年2月20日(日) 深夜0時30分~1時00分
[ネット局]
・大阪  ABCラジオ 1008KHz(大阪)
・名古屋 CBCラジオ 1053KHz(名古屋)
・東京  文化放送  1134KHz
◆インターネットラジオ
[配信開始日] 2011年2月21日(月)
[番組WEBサイト]
http://www.tsunpiri.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

怒・憂・呆なスポーツと政治の日々

二月に入って寒暖の差の激しい日々が続いている。

インフルエンザも流行していて花粉もチラホラ、風邪で体調を崩している人も多いという。気候も不順なら政治も相変わらずの不純で先行きがまるで見えて来ない。

角界は遂に八百長問題で存在の危機にも晒されてしまった。
そもそも『八百長』の語源は、明治時代に八百屋の長兵衛という輩が相撲取りの年寄りとの碁の勝負で常に一勝一敗になるようにあしらっていた事によって起こる事から生まれた言葉で広義に言えば、相撲用語のような物であるからして面白おかしい話ではある。

一年六場所九十番の真剣勝負をしなくてはならない事自体がそもそも厳しい事なのかもしれず、星のやり取りは避けられない物なのかもしれないと思う。

古くから『八百長』の噂が絶えなかったこの角界が今更『すべてガチンコであるべき』だと綺麗ごとを言う事自体が片腹痛い事のように思えてしまう。

三月場所の中止は発表されたが正に先行きは政治同様不明である。
『国技』などと言って崇め奉る事をもう止めた方がいいように思えてならない。

プロ野球もキャンプたけなわだが、連日の『ユウチャン報道』にも些か食傷気味である。
まだデビューもしていない卵を追いかけ回すメディアの異常さにはつくづく呆れてしまう。
この国のスポーツマスコミの浅はかさは今更始まった事でもないけど、
こうして将来有望な若者を結局はスポイルさせてしまわないか、大いに心配である。
ファンがあちこち追いかけるのは良しとしても
メディアは少しそっとしておいてやれないものかと考える今日この頃である。

因みにドラゴンズの新外人・カラスコは今の所カラスコ(?)打てないらしい!
心配が一杯ではあるが、まだグスマンというもう一人がいるにはいるが…(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

いよいよ二月、ということは…?

2月1日はプロ野球界にとって元日に当たる。
今日、12球団一斉にキャンプインが行われた。

我が落合ドラゴンズは、落合政権8年目のシーズンに突入したのだ。
監督の前日訓示では
「今シーズンのドラゴンズはリーグ優勝の連覇だけを狙って行く。かつてドラゴンズの歴史で、成し遂げられなかった連覇だからこそ、我々がそれを成し遂げる事を大きな目標とする事に意義がある。」
というような事を述べたらしい。

そして今日からまさに今季のセ・リーグのペナントを取るべく戦いが始まったのである。

先日、「GOING」の番組で江川氏が、どこよりも早いペナントレース予想と称して
「今季のセ・リーグは中日、巨人、阪神が三つ巴だ。しかし、もし中日の新外人のカラスコが打つようだったらひょっとしたらぶっちぎることになるかもしれない…」
と巨人OBの一人として警戒を強めた発言をしていた。
今年ドミニカから2人の野手と1人の投手、
またベネズエラからは1人の投手が
テスト生ではあるが日本にしかもドラゴンズにやって来たのだ。
貧しいが野球王国である南米の諸国にはジャパンドリームを描いて来日する有能な選手が増えている。ドラゴンズで成功を遂げたブランコに続けとばかりに、
「練習が一番厳しいチーム、ドラゴンズ」
と知りながら、自分の力を試しに来るのである。
去年は来日したドミニカのセサルという外人に早々と
「過去最高の外人選手!」
と絶賛した落合監督がいた。
がしかしその監督やファンの期待を大きく裏切ってシーズン半ばで日本の地を去った彼の事は記憶に新しく、さすがにこれからはそんな軽はずみな「褒め言葉」を監督が使うとは思わないが、今年のカラスコとグスマン、そしてヘススにソト、皆前評判は上々のようだ。

予想通りか予想を裏切ってかは分からないが、これらの新外人選手の誰か一人だけでも活躍すれば、『当たり』なのである。とても楽しみでもまた不安でもあるのだ。

プロ野球も始まるが、アジアカップ優勝のザッケローニジャパンの話題は尽きずまだまだしばらくサッカー熱も続きそうだ。
ハイライトシーンでは、優勝決定の際、長友が足指骨折で決勝戦不出場を余儀なくされた同僚若きエース・香川の「10」のユニフォームをかざしてフィールドを歩く姿があった。
このチームのチームワークの良さを顕す象徴的なシーンのようにも思えた。
仲間を思いやり敵を労る、そんなザックジャパンには本当に最大級の賛辞を贈りたい。

因みに、テレビ朝日調べの『街で百人に聞きました』集計によると、
今優勝の貢献度ベスト5の選手は
1位・川島
2位・長友
3位・李
4位が同点で長谷部と遠藤だったそうだ。
決してエースFWの本田を選ぶではなくて、玄人好みの部分も感じられるこの集計結果には、一般大衆の、サッカーやその他、チームスポーツを見る眼が肥えたという事実を著す大きな結果でもあると感じたのは決して僕だけではないだろう。

それにしても、
ザッケローニ監督のチームマネージメントに関しての
卓越した力には目を見張るものがあるなあと認識させられる。
それに比べて、
あまりに脆弱なマネージメント力しか見せられない、
菅直人総理大臣には、つくづく辟易してしまう。
いっそ、
総理大臣にイタリア人とかドミニカ人を起用してみたら…
と思ってしまう今日の国会中継であった(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »