« 2月終盤のふたつの大きな事件から考えさせられる事 | トップページ | 『虚心坦懐』な日々を、今こそ! »

2011年3月15日 (火)

僕は絶対に忘れない、2011年の3月を。

月が代わって半月が経ってしまった。

それはとてつもなく長く重い半月になってしまった。

今、目の前に繰り広げられる現実はまるで夢幻のような風情で重苦しく迫ってくるのだ。
言葉も出ず胸の辺りがずっと息苦しいままの数日を過ごしている自分がいる。
未曾有の地震と津波がもたらした惨憺たる三陸海岸一帯の光景はまるで
阿鼻叫喚の地獄絵巻のようだ。

海を慈しみ、海と向き合い、海と共存した長い歳月を過ごして来た人々に、
2011年3月11日の海は悪魔のような顔をして鋭過ぎる牙を剥いて暴れ狂ったその現実はあまりにも哀しく悔しく悲惨で残酷な取り返しの出来ない一日を刻んでしまったのだ。
そして、数え切れない人々の、生命、住居、家族、そして人生や暮らしやそのかけがえのない営みの歴史までをも奪ってしまった。

涙が止まらない。

今、日本中いや世界中の知らない人達からの励ましや声が沢山寄せられている。
世界各国からは早々に救助隊や救助犬が現地入りして被災者や行方不明者や孤立して助けを求めている人々の援助に奔走し続けて下さっている姿には
頭が下がるし感謝の気持ちで一杯だ。
勿論、我が国の自衛隊や警察隊や消防隊のたゆまない援助活動には誇りさえ感じる。
そして今朝の新聞には、世界で最も貧しい国、
バングラデシュが、救助隊の派遣を申し出てくれた事が報じられていた。
人間の心の深い所にある『助け合い』の精神は何と気高く素晴らしいものだろうか。
未曾有の悲劇に向かう沢山の人間の姿には胸を打たれる。
本当に一日でも一秒でも早い救助と復興を祈る気持ちで一杯である。

僕たちに出来る事をしっかり考えて祈りを送り続けて行こうと思うのだ。

2011年3月11日、『この日』を僕は、僕たちは決して忘れずに生きて行かなきゃいけない

1995年1月17日に起こった『阪神淡路大震災』と共に…。

|

« 2月終盤のふたつの大きな事件から考えさせられる事 | トップページ | 『虚心坦懐』な日々を、今こそ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/39239093

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は絶対に忘れない、2011年の3月を。:

« 2月終盤のふたつの大きな事件から考えさせられる事 | トップページ | 『虚心坦懐』な日々を、今こそ! »