« 2011・9・22 連覇の狼煙(のろし)が上がった日 | トップページ | 画龍点睛の十月が… »

2011年9月26日 (月)

常勝チームの監督が「辞める」意味は?

落合退任の報と共に始まった首位決戦天王山1stラウンドの4連戦が終わった。

神懸かりなまでに劇的な3連勝で驚異の4タテも夢ではなかったが、
結果は3勝1敗だった。
ヤクルト赤川の揺れる球には随分手こずっていたので次の登板にも要注意である。
シーズンとしても、落合中日としても、残された22試合は究極の集大成となりそうでとにかくワクワクしている。
何が起こるか分からないのが野球であるから余計に面白いのだ。
電撃的な落合監督退任発表から、連日色々な『声』が聞こえてくるが、名古屋という土地柄において「外様政権」の『8年』は、やはり長すぎたのかもしれない。
それが例え強いチームを維持し続けていたとしても…。
それは落合自身も薄々感じていたことだっただろうと思う。

多くのアンチ落合ファンや関係者にとっては
「やっと」だろうが、落合支持者にとっては
「もう」だったり
「なんで?」なのだろう。
しかし、強いままのチームを残して「辞する監督」「やめさせられる監督」がいたのもまた、落合ならではのことだったのではないだろうか。
退任発表の翌朝のトーチュウ紙上にあった、
中日スポーツ報道部長・増田氏による寄稿
『希代の勝負師「さらば落合」』がとても印象的であった。
彼は、勝負師・落合の在任8年にはアンチ落合派が増えたのも事実だとしながらも、
それは自分達報道陣の力不足もあって、言葉数の少ない落合の真意を伝えきれなかったことにも一因があると自戒している。とはいえ勝負師が一度リフレッシュするのには、
8年という年数はちょうどいい時期ではないかと。
そしてそれは落合本人にもファンにも(落合派にもアンチ落合派にも)
これまで見えて来なかったものがきっと見えてくるだろうと。

いつのまにか
「勝つ」ことに馴れ、「勝つ」ことが普通になってしまっていた8年間のドラゴンズを
一度リセットして見ることも僕たちドラゴンズファンに課せられたテーマの一つであろう。
果たして球団はファンにとってどうあるべきか、
プロ野球としての球団はファンの為に何をめざすべきか、
改めて考えてみるのにいい機会になるような気がする。

チーム成績の不振の責任を取って「辞める」のではなく、
チームのリフレッシュの為に「辞める」という、
「前代未聞」「奇々怪々」「荒唐無稽」な『退任劇』が何とも沢山の問題提起をしてくれた。

8年間の落合オレ流野球の集大成を味わいつつ
ドラゴンズ史上初の『連覇』で、
澄み切った秋の青空に
『落合博満』が何度も何度も跳ねるのを夢見ながら、
応援して行こうと思っている。

|

« 2011・9・22 連覇の狼煙(のろし)が上がった日 | トップページ | 画龍点睛の十月が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/42032103

この記事へのトラックバック一覧です: 常勝チームの監督が「辞める」意味は?:

« 2011・9・22 連覇の狼煙(のろし)が上がった日 | トップページ | 画龍点睛の十月が… »