« 落合ドラゴンズファンの1番長い日が始まる朝 | トップページ | 大変で特別な2011年を終える日に思うこと »

2011年11月21日 (月)

「負けた」という現実は
「勝敗」を遥かに超えた所で僕達を待っていた

昨夜、落合ドラゴンズ最後の試合は『敗戦』で終焉した。

そして、退陣=日本一の「有終の舞」を見ることは赦されなかった。

落合退任の発表の日から昨日まで「カウントダウン」をし続けたファンにとって、
ドラゴンズに於ける「落合野球」は終わったが、「落合」が培った「野球道」が、
ドラゴンズ戦士達それぞれの心の中で
『。』ではなく『、』で終わったことを知らされるのだった。

報道によると、いみじくも「落合」は最後のチームミーティングで
「自分はやめるけどみんなの野球人生はこれからも続く。
今まで通りにこれからも変な野球や気の抜いた野球をするなよ。
自分を大事に頑張ってやってくれ!」
と告げたらしい。

『野球の神様』はやはり存在していた。

『神様』は、「落合門下生」達には、『。』=『ピリオド』を付けなかった。
「負ける悔しさ」と「恩師を胴上げして送れなかった寂しさ」を与えることによって、
「旅半ばの自覚」と「完全優勝への課題」を残したのだ。

「恩師の解任」の異常時での発表から、様々な憶測や心ない報道等が飛び交う中を、黙々とヤクルトから逆転優勝をもぎ取り、クライマックスを勝ち抜き、圧倒的にホークス有利の日本シリーズを第7戦まで闘い抜いて、ヒートアップの限りを尽くして来た選手達は、心と体をも燃え尽くして昨夜の最終決戦に挑んだのだろう。
しかし、史上最強チームといわれた、今年のソフトバンクホークスを押し退けて『日本一』を勝ち取るまでの『力』と『運』はもうどこにも残っていなかったのだ。

選手とファンにとっての「絶頂(ピーク)」は、19日に3勝3敗に追い付き第7戦を迎えられた瞬間だったのかもしれない。

何故か昨夜のゲームでは、
勝敗を超えた所で応援している「穏やかな自分」がいたのだ。
おそらく、多くのドラゴンズファンの中にも
同じような感情の人達がいたのではないだろうか?
穏やかに、この今年最後の公式戦、落合ドラゴンズ最後の試合を、
『野球の神様』に感謝しながら、見届けようとしている自分がいたのだ。

負けたことは確かに悔しかったが、
負けたことやその悔しさがドラ戦士達をさらに靭くしてくれるのならば、
その『神様』の試練には「感謝」すら覚える。

育ててくれた『親』、鍛えてくれた『師』が、離れて行き、
本当に「自立」の旅を始める時が来たのだ。
環境はかわっても野球は変わらない、
だから手を抜かずに自分の野球人生の為にガンバレと「落合」は言いたいのだ。

荒木、井端、森野、平田、藤井、大島、野本、堂上剛、堂上直、福田、
吉見、浅尾、山井、川井、久本、小林、鈴木、中田らは皆、
落合政権が始まってからレギュラーになったり、入団して来た選手達である。

今は、シーズンの闘いの疲労も半端ではないし、
『師』と別れることの心の動揺も隠すことは出来ないだろう。

しかし、この「落合門下生」達は、『師の眼差し』を今まで以上に自ら強く感じながら、
心技優れた「プロ野球選手」になってくれると確信している。

その為の不断の努力を『野球の神様』は決して見過ごすことはない。
その「試練」を乗り越えた時、「完全優勝」という「成果」を得ることが出来るのだ。

2011年という、特別な年に、
『野球の底力』を最後の最後まで、見せることが出来たひとつのチームとして
『責任』を果たすことは出来たのだから、そのことに大きな『誇り』を持って欲しい。

昨夜の瞬間視聴率は九州地区では60%を大きく超えたらしい。

日本一になった秋山監督は、
「震災で被災されて闘っている人達の為に
来年も再来年もずっと勇気と力をあげられるように頑張って行かなければいけない」
と語った。

熾烈な投手戦で、1点を争う緊張感溢れる試合の連続だった
この中日対ソフトバンクの日本シリーズは球史に語り継がれるシリーズになるだろう。

僕たち「プロ野球ファン」は、日本シリーズを闘ったドラゴンズとホークスに
最大級の賛辞を贈らなくてはいけない。
ファンとして夢のような数日を貰い、
ドキドキワクワクした時間を過ごせた幸福に感謝しなくては……。

選手が言う「野球が出来る幸福」と同様に、
我々の「野球が見られる幸福」にも感謝しながら、
被災地の復興に心を向けることも決して忘れてはならないことなのだ。

さて、シーズンは完全に終わり、僕の『ドラノート』も終わった。

オフの様々な動向も今後ドンドン活発になって行くだろう。
新聞にも、いよいよこの日を待っていたかのように、
新しいコーチ人事が発表されていた。

もう?と思うけど、これもまたひとつの現実なのだろう。

落合博満さんはどうするのだろうか?

「言わなきゃダメか?」とはぐらかされるのがオチだろう。

ドラ吉の僕が、8年前、
「中日スポーツ」紙上での週一「コラム・Dエッセイ」を依頼されたのと
「落合博満新監督」誕生が同じ年であったことから不思議な『縁』を感じて、
「彼」を追い掛け始め、紙面への連載がなくなった後も
こうして「ブログ」に「彼」に関して語る記事を載せ続けて来た訳だが、
「彼」がドラゴンズを離れて一番困っているのは、
実の所、ホントは僕自身かもしれないと思っている(笑)。

明日から何について書こうかと途方に暮れながら
少し虚脱した自分を持て余してはいるが、
しばらくは8年間の余韻に浸っていようかと思うのである。

落合ドラゴンズに感謝!あ・り・が・と・う!

|

« 落合ドラゴンズファンの1番長い日が始まる朝 | トップページ | 大変で特別な2011年を終える日に思うこと »

コメント

近藤さんこんばんは
仰るとおり野球ファンとして、ドラファンとして
夢のような数日間でした。
こんな時期までハラハラドキドキ手に汗握って
最後の最後まで祈るように応援できる喜び。
(未来日記は予知してましたね)
これが最高のファンサービスじゃなかったら
他に何が?という気分です。
日本シリーズの数日間もだし、ある意味8年間
これに似た感覚を毎年味わってきたのですから
ちょっと虚脱感を感じるのも無理ないと思います

願わくばまたいつか
落合監督率いるドラゴンズの「ドラノート」が
再開されることを祈っています。

投稿: MEGM | 2011年11月23日 (水) 18時57分

MEGMさん!
『ドラノート』の最後のページには、
「感謝!そしてまたいつの日かへ続く・・・」と記しました。『完全制覇』の宿題を「弟子たち」に残して行った、落合監督と選手達の間の『絆』はこれからも継続されて行くことを確信しました。
選手それぞれの「想い」が来年以降も「継承」されて行くことを期待しながら声援を送って行きたいと思っています。 落合さんの退団会見も、納会でのスピーチも最後まで「オレ流」で最後の最後まで独特の「魅力」に溢れていました。
僕たちファンもやっぱり「八年間ありがとう!」ですね。
MEGMさんもありがとうございました。


投稿: コンドウヒロアキ | 2011年11月24日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/43092996

この記事へのトラックバック一覧です: 「負けた」という現実は
「勝敗」を遥かに超えた所で僕達を待っていた
:

« 落合ドラゴンズファンの1番長い日が始まる朝 | トップページ | 大変で特別な2011年を終える日に思うこと »