« 『未来日記』
2011・11・20 落合野球有終の舞!
| トップページ | 『野球の神様』の『演出』が冴え渡る日本シリーズ »

2011年11月14日 (月)

予期しなかった期待外れが起こった”福岡の変”に
徒然想うよしなしごと

ドラゴンズの敵地での思わぬ2連勝で、
シリーズ前にホークス断然有利と予測した『評論家』のお歴々方の
顔色が蒼くなっているのが何とも愉快でならない。
ろくにドラゴンズを取材することもしないでホークス有利と予測したに違いないと思う時、
ホントに『落合監督』に対してのちゃんとした取材がなかなか一筋縄ではいかないことが
浮き彫りになっている。
『落合監督』をまともに取材できない『評論家』からは
新しいドラゴンズ情報は一切聞こえて来ず、
新聞談話や東京中日スポーツ紙上の記事から得たものを「したり顔」で喋るだけで
「そんなこと知ってるよ!」という気分になってしまう。
また取材を公平にできないようなこんな『評論家』を
重用する放送局のセンスを疑う所でもある。

『落合監督』を煙たがる『評論家』は『落合監督』に近づかず、適当なコメントをする。
すると『落合監督』はそれらの『評論家』を認めず、
彼らを『無視』しているような『空気』ができていく。
次第にドラゴンズが勝つことを極端に嫌がるような『輩』が増殖していくのだ。(笑)

野球好きでは誰にも負けない『落合博満』は、野球の話をし始めると
誰に対しても熱心で話がなかなか終わらないという話をよく耳にする。
という意味では最も誤解され、最も怖がられ、最も近寄り難い野球人なのだろう。

敵地での2連勝後の勝利監督インタビューでも、
知将は淡々と、いつもながらのコメントを繰り返していた。
「名古屋に帰ってまた第3戦をきちっとした戦いが出来るようにするだけだ」と。
「先のことをあれこれ考えるとあまりいいことはないから」と笑っていたのが印象的だ。
「野球の神様」に心のすきを見せないことを心掛け、
「勝って兜の緒を締める」姿を選手にもファンにもマスコミにも見せた「知将・落合博満」は、「日本一」への舵を切りつづけているのである。

因みに敵将・秋山監督は、シリーズ前には「4連勝」で日本一になるようなコメントを出していたことを思い出すが、「奢り」は足元が掬われることを感じてならない。

明日からの名古屋決戦はどんな展開になっていくのか皆目見当もつかないが、
色々とワクワクするばかりである。

それにしても、
戦に負けたチームに起こりがちな奇妙な「痴話喧嘩」がメディアを躍っているが、
勝てば表沙汰にならないことも、負けると様々「ほころび」が異常に見えてくるという
顕著な例のように思えてならない。

我がドラゴンズでは
「勝った」のに、「ほころび」が垣間見えてしまった珍しい例ではあったが、
いつの世も「現場とフロント」には大きな溝というか「渡れない河」があるものなのだろう。

オンもオフもプロ野球界は只今花盛りなのである。

|

« 『未来日記』
2011・11・20 落合野球有終の舞!
| トップページ | 『野球の神様』の『演出』が冴え渡る日本シリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/43006063

この記事へのトラックバック一覧です: 予期しなかった期待外れが起こった”福岡の変”に
徒然想うよしなしごと
:

« 『未来日記』
2011・11・20 落合野球有終の舞!
| トップページ | 『野球の神様』の『演出』が冴え渡る日本シリーズ »