« 四球禍のドラ投族 | トップページ | 敗戦の予感 »

2014年4月28日 (月)

一夜明けて…

今朝のトウチュウ、僕が昨日書いたブログを知ってか知らぬか分からないけどテーマは四球であった。今ドラゴンズ投手陣には疫病のように「四球病」がはびこっているらしい。
と、いうことは
「出しちゃダメだ!」と思う気持ちが強ければ強いほどってヤツで
意識が強すぎて結果四球を与えてしまうのかもしれないと思った。
そういえばこの頃ドラゴンズの投手の殆どが登板後
「あの四球がいけませんでした!」
とか
「あの四球が余計でした!」
とかいうコメントを出している。
我々ファンや首脳陣が思っている以上に
彼らは四球を出すということに対して罪を抱いていることが分かった。
実は僕も今から45年程前、
甲子園を目指した高校野球のエースだった。
1試合平均4〜5個の四球を出してしまう程のノーコン投手だった。
奪三振も多く毎試合10個以上は取るから、
自然と球数の多い投手であった。
ノーコンを病気と考えていたA監督はいつもベンチの前に仁王立ちして
僕がボールを先行させるとそわそわし出して、
スリーボールになった途端に大声で
「こんどーう!なにやってんだぁー!」
と叫ぶからたまったもんじゃなかったことを思い出してしまった。
出しちゃダメだと思えば思う程出してしまうのがやっぱ人情なんだなとつくづく思う訳だ。
こんな僕でも高校時代全部で50試合位投げたけれど
無四球試合も4〜5試合は達成しているのだから、
四球に対するトラウマのような意識さえ失くせば普通に戻るのではないかと思ったりもする訳だ。
車に乗って
「酔わないように!」
と必要以上に思ったり、映画や舞台鑑賞に行って
「途中でトイレに行きたくならないように!」
と過剰に意識したり、
「○○しないように…」
と思えば思う程、してしまうということが多いのと同じことのように思う。
昨日のブログでは四球を出さないことを目標に試合で登板してほしいと書いたけど、四球のことを出来るだけ忘れて投げるようにしてほしいと変更しようと思うのである。
そうすればバッターがバットを振る所にボールが行くようになるに違いないと思うから。
さて、明日からDeNA退治だ!頑張ろう!

|

« 四球禍のドラ投族 | トップページ | 敗戦の予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/55974005

この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明けて…:

« 四球禍のドラ投族 | トップページ | 敗戦の予感 »