« 制御の効かない45球 | トップページ | 一夜明けて… »

2014年4月27日 (日)

四球禍のドラ投族

◇4/27…神宮
東京ヤクルト 5 - 4 中日


ダメだダメだ!無駄な四球が多すぎる。
昨日も今日も無駄な、いや無神経な四球が死を招いた。昨日は大野雄大が立ち上がりに出した四球2つが大量5失点に繋がって行った。リリーフの又吉も変わりっぱな7番打者の今浪に四球を与え、それをきっかけに失点して追加点を与えた。
そして今日、1点リードした7回ワンアウトから代打田中浩康にカブレラが四球を与え、交代して登板した福谷が山田にツーストライクを取ってから粘られて四球を与えてしまい、4番バレンティンにも粘られてスリーボールツーストライクからレフト前2点逆転タイムリーを浴びて万事休す。
全てが無駄な四球が原因になっている。
こんなに四球を沢山出すドラゴンズ投手陣をここ数年見たことがないくらいに簡単に四球を与えてしまっている。何とかしないとまずい!という気持ちで一杯だ。バッターに簡単に選ばれてしまうのは、捕手のリードにも原因があるのかもしれない。
今日の松井雅捕手を見ていると同じコースに同じ球種を要求する傾向が強いような気がする。するとバッターは目が慣れてストライクボールの見分けがしやすくなるのではないだろうか。相手チームの選手は四球を沢山選ぶのに、自軍のバッターはボールを振っての三振や見逃しの三振をする場面が多く見られるような気がしてならない。
今日のゲームは追い越されてもすぐに追い越し、イニシアティブを取る形で試合を進めて来たのに、つまらない四球をきっかけに逆転され敗れてしまい悔しくてならない。
ドラゴンズ投手陣が四球を与えないことを最大テーマにして明日から取り組んで貰うことを願って止まない。連敗中のどん底のチームを目覚めさせてしまった四球禍の罪は深い。
もう1つの最下位低迷チーム、横浜と火曜から当たるのだが四球を与えないことを目標にして戦ったらどうだろうか。レベルが低いテーマ目標であるが、この際仕方あるまい。なりふり構わず、とにかく四球を出さないことを目指して投げてほしい。
ドラゴンズ投手陣よ!
NO MORE FOURBALLS!

|

« 制御の効かない45球 | トップページ | 一夜明けて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/55963078

この記事へのトラックバック一覧です: 四球禍のドラ投族:

« 制御の効かない45球 | トップページ | 一夜明けて… »