« リリーフ投手のモチベーション | トップページ | 守り抜いたが攻め切れないゲームであったが… »

2014年5月25日 (日)

まさに一球入魂だった!

◇5/25…ナゴヤドーム
中日 2 - 1 ソフトバンク

一球入魂という言葉がある。
この若き投手、濱田達郎にはこの言葉が似合う。
今日のピッチングはまさに一球入魂であった。
12球団で1、2を争う強力打線のソフトバンク相手に真っ向からぶつかって行くピッチングをしてくれた。
逃げる気持ちはサラサラない外連味のないピッチングは本当に若々しく頼もしい限りだ。
一球一球魂を込めて投げ込む姿は美しく、野球の神様を惚れ惚れとさせてしまうのだろうか。
バッターをあっという間に追い込んで打ち取って行った。8回にツーアウトから、勝負を少し焦ったか、真ん中付近にボールが集まった所を、細川、中村に連打されて1点を失ってマウンドを降りてしまったのが心残りではあろうが実にナイスピッチングであった。濱田自身これで3連勝だ。新人投手では現在ピッチングコーチの近藤真市以来らしい。
チームもこれで4連勝、いよいよ借金もあと2つだ。
少ない点で逃げ切るという、本来のドラゴンズパターンになって来ている。
シーズン当初に谷繁新監督が掲げた守り切る野球になって来ているのが何とも嬉しい限りである。
さて明日は山井だ。
先取点を取って優位に試合を進められるように願っている。
投手全員が濱田のように一球入魂を目指して行こう!

|

« リリーフ投手のモチベーション | トップページ | 守り抜いたが攻め切れないゲームであったが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/56310766

この記事へのトラックバック一覧です: まさに一球入魂だった!:

« リリーフ投手のモチベーション | トップページ | 守り抜いたが攻め切れないゲームであったが… »