« 「平和」が訪れますように! | トップページ | リリーフ投手のモチベーション »

2014年5月24日 (土)

新星武山のリズムが試合を創った!

◇5/23…コボスタ宮城
東北楽天 1 - 5 中日

一昨日のブログを読んでくれたかのような結果が出た試合になった。
「平和」の「平」田がやってくれた。
2安打3打点で、タイムリー1本、超特大ホームラン1本で四球も選んだし、僕が願ったようにベルト付近のボールをしばいていて、前までの悪球打ちがなかった。
打ち急ぐこともなく打てる球をちゃんと待って打っていたのが1番いい所である。
ヒーローインタビューでも「打てる球を狙って打ちました」と言っていたのでもう大丈夫かもしれないと感じたのである。よかった!!想いが通じた!!
「平和」の「和」田の方は、まだまだ疲れが完全に取れているわけではないが1本ヒットが出たし満塁のチャンスに犠牲フライを打ち上げて打点を1つあげられたのが何よりの特効薬になるような気がするから明日以降状態を注視してみようと思っている。

カブレラも好投したし、先制、中押し、ダメ押しの得点の取り方が出来て、後に続くリリーフ投手達も順調だった。今夜は、祖父江、パヤノ、岩田で締めくくった。
そして何よりも今日の影のヒーローは、今季初の先発捕手として出場した、武山真吾である。
投手とのリズムがとても良く、見ていて打たれたり四球を連発するような気がしなかった。
後ろで守る野手にとってもとても守りやすかったのではないだろうか。堂上直や平田のファインプレーもあったし、守りに関しても安心して見ていられたのである。この<リズム>や<テンポ>は野球にとって本当に大事な要素に他ならない。
カブレラの談話にも、とても投げやすかったことと自信を持ったリードをしてくれた武山捕手に感謝していたのがあったのがその証拠である。
ベンチの達川バッテリーコーチが嬉しそうに武山を迎える様子が印象的であった。武山はこの与えられた先発のチャンスを首脳陣の信頼に繋げる事が出来たのではないだろうか。バッティングもなかなかしぶといものを感じたし、しばらくポスト谷繁として起用されて行くような予感がしている。
これも以前からの僕の想いが通じた1つになった。
松井雅もベンチで見ていて、どこが自分に欠けていたことかを是非とも掴んで努力して武山と切磋琢磨をして行ってほしいと思っている。
投手にボールを返す、坐る、サインを出す、構えるこのリズムが何より優れていて、そのリズムで投手がうなづき、振りかぶり、投げる、これがとても心地いいのだ。だから球審もストライクのコールを言いやすくなっているような気さえしてくるから不思議である。明日も出場したら是非雄大とそのリズムで楽天バッターを翻弄してほしいと願っている。
あっぱれ!武山!

|

« 「平和」が訪れますように! | トップページ | リリーフ投手のモチベーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/56292629

この記事へのトラックバック一覧です: 新星武山のリズムが試合を創った!:

« 「平和」が訪れますように! | トップページ | リリーフ投手のモチベーション »