« オリックス2連戦で感じた話 | トップページ | 僕の中に小さな「奇跡」が起こった »

2014年6月18日 (水)

吉見二世あらわる!ドラ1鈴木翔太デビュー!

◇6/17…浜松市営
中日 0 - 5 埼玉西武

ドラフト1位鈴木翔太投手が今夜地元浜松球場で1軍デビューを果たした。0ー4とリードされた8回1イニングだけだったが、地元浜松の沢山のファンの歓声の中、2奪三振1与四球1被本塁打1失策出塁の成績で投げ終えた。しなやかなフォームから投げ込まれるストレートはスピードガン表示以上にキレのいい質のいい速球のように見えた。
今日はお披露目地元デビューであったが、末頼もしい素質の投手だと解説者、評論家は口を揃えて第一印象を語ってくれていた。
本当に楽しみな投手の登場である。
試合は残念ながら、西武十亀投手の2塁を踏ませない快投の前に2安打完封を喫した。
お手上げ状態のドラゴンズ打線は、年に1度開催の地元浜松のドラゴンズファンをガッカリさせてしまった。ヒーローインタビューを受ける西武十亀剣投手も愛知県豊田市出身で、愛知県の西武ファンが掲げる「地元愛知の誇り 十亀剣」と書かれたポスターが風になびいていたのが恨めしく妙に印象的であった。

先発した朝倉も左程悪い調子ではないように見えたが、今日バッテリーを組んだ松井雅のピンチになると顔を出す弱気なリードに無駄なボールが増え、カウントを苦しくした挙句投げた甘い球を痛打されて失点をしていたようだ。4回からリリーフした濱田に対してのリードも矢張りいつものように無駄な球を投げさせてカウントを苦しくさせていて四球を招いていたのがどうしても気になって仕方がない。
濱田も4イニングを100球近くの球を投げて、いかんせん無駄球が多すぎると思う。松井雅に関しては以前から指摘していることだが一向に変わらないのが情けないし哀しい。これでは投手がつぶれてしまうぞ!
今夜の敗戦で交流戦の優勝は断たれた。
残り3試合いい内容で交流戦を終えてほしいものだ。

|

« オリックス2連戦で感じた話 | トップページ | 僕の中に小さな「奇跡」が起こった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/56534042

この記事へのトラックバック一覧です: 吉見二世あらわる!ドラ1鈴木翔太デビュー!:

« オリックス2連戦で感じた話 | トップページ | 僕の中に小さな「奇跡」が起こった »