« 荒木の骨折抹消に想うよしなしごと | トップページ | 山井不敗神話を森野が守った »

2014年6月 1日 (日)

相手エースに翻弄された敗戦

◇5/31…西武ドーム
埼玉西武 5 - 1 中日

今日は完敗だった。岸の的を絞らせない投球にドラゴンズバッター達は最後まで翻弄されていた。
ピンチになればなるほどその度合いは強く狙い球を絞らせないピッチングを披露した岸は矢張り西武のエースである。
雄太も粘り強いピッチングをしていたけれど、チャンスを逃したすぐ後の先頭バッター浅村に甘い球をフェンス直撃の2塁打を浴びたのは痛かった。
あそこを踏ん張ることが出来ればあと1、2回投げられただろうと思えただけに不用意なピッチングだった。残念!
期待していなかった、エルナンデスがタイムリーを打って奇跡が起きるような気がしたが、すぐに牽制で刺される所が野球の神様を呆れさせてしまうのだろう。
今日は、攻撃面でも代打小笠原、野本と勝負ポイントで惜しみなく起用したし、投手リレーもこまめに起用して、出来る手は全て打っての敗戦なので後味はあまり悪くなかった。相手投手や相手の攻撃が1枚も2枚も今日に限っては上であったと諦めもつくので、明日も最善を尽くして戦ってほしい。
チーム状態が上向きである西武と停滞下降気味のドラゴンズの戦いになると思うので山井が粘り強く点をやらないピッチングをしてほしいと願っている。
野球とは関係ないが明日はダービーである。
8枠16番のレッドリヴェールが勝つと思っている。

|

« 荒木の骨折抹消に想うよしなしごと | トップページ | 山井不敗神話を森野が守った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/56370533

この記事へのトラックバック一覧です: 相手エースに翻弄された敗戦:

« 荒木の骨折抹消に想うよしなしごと | トップページ | 山井不敗神話を森野が守った »