« 山井の「不敗神話」は残ったが… | トップページ | 大島が気がかりになった巨人3連戦 »

2014年7月 6日 (日)

濱田が自分で作った試合だったから…

◇7/ 6…東京ドーム
巨人 3 - 1 中日

自分で投げて自分で打って、そんな濱田登板試合になった。腕がよく振れていてストレートもスライダーもフォークボールもキレもコントロールも申し分なくジャイアンツ強力打線をキリキリ舞いさせて8回まで来た。先頭長野に上手くスライダーをすくわれてツーベースを許した。その後寺内を三振に、小林には追い込みながらも死球を与え、代打中井をショートゴロに打ち取り2死2・3塁に。そして坂本の所で交代するのだが、見た所濱田にはまだまだ余力があるように見えた。だからここは是非とも続投させてやりたかった。自分の手で作って来た試合だったからこそ、勝ち越しを許すまでは投げさせてほしかった。
このジャイアンツシリーズはリリーバー受難のシリーズになってるだけに今日の出来の濱田には試合を預ける位の谷繁監督の決断が欲しかったと今更ながら思えて来る。
最悪は坂本を歩かせても、次は井端、濱田が投げていれば左の代打は来ないだろうとも考えた。
濱田なら、井端勝負になるだろうと…。
しかし、交代して田島が登板。結局は坂本にはクサイ球を選ばれて四球を与え、待ってましたと左代打の切り札高橋由伸が出て来たのである。
昨日のビデオテープを見させられているかのようなストレートが真ん中寄りのやや高めの外角にシュート回転して投じられたのだ。真っ芯に捉えた打球はセンター前に飛んで行く。
高橋由伸の勝ち越し2点タイムリーがドラゴンズを奈落に突き落とすのだった。
またしてもリリーバーが打たれてリードを許す展開の試合になってしまった。
最終回の攻撃、流石の粘りのドラゴンズ打線にも3日必死に戦った末の余力は残っていなかった。
対ジャイアンツ同一カード3連敗に終わった。
いずれの試合も紙一重の戦いではあったが、勝ち切れる巨人にはまだまだ及ばないモノを感じざるを得ない3日間になった。
谷繁監督曰く、「また皆でやり直して行きます。」
この言葉を信じて捲土重来の強いドラゴンズを待とうと思う。
しかし、濱田が原監督に与えたインパクトは強いモノになったと思う。オールスター戦に来年こそ選んで貰える投手に確実に映ったに違いないと思っている。

|

« 山井の「不敗神話」は残ったが… | トップページ | 大島が気がかりになった巨人3連戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/56711481

この記事へのトラックバック一覧です: 濱田が自分で作った試合だったから…:

« 山井の「不敗神話」は残ったが… | トップページ | 大島が気がかりになった巨人3連戦 »