« 今夜もまたまた脇役が… | トップページ | 「鉄人岩瀬」は「人間岩瀬」である »

2014年7月26日 (土)

真夏の快・快・快・快・快・快・快勝の夜の夢

◇7/25…ナゴヤドーム
中日 10 - 0 巨人

119球5安打7三振無四球でドラゴンズ若きエース大野が巨人相手にプロ入り初完封をやってのけた。
最高気温38.5度の猛暑日になった灼熱の名古屋で大事な対巨人3連戦の初戦を10ー0で完勝した。
初回の4点、5回の6点と2度のビッグイニングを作って苦手菅野をKO、10点という大量点を背に終始ストライクを先行させたリズムのいいピッチングで大野は初完封で前回巨人戦のリベンジを果たした。
初回は森野のスリーラン、5回は和田のスリーランと高橋周のツーランと効果的な3発が出て、巨人の戦闘意識を削ぐことが出来た。忘れていけないのが、先制タイムリーツーベースと5回攻撃の口火となったタイムリーツーベースの2本を放ったお調子者エルナンデスの打撃である。なかなかしぶとい所を見せてくれていて、『H』の奇跡はまだ続いている。
できればこのままずっと奇跡のまま続いてくれるのを願っている。
敵将原辰徳監督に、「評価に値しない試合」と言わしめた、この3連戦初戦のドラゴンズの戦いは相変わらずの全員野球であった。
頭部死球から復帰した和田も猛打賞で2000の大記録がいよいよ近くに見えて来た。
猛暑を吹き飛ばす快勝で名古屋のファンも少しはいい眠りができたのではないだろうか。
さて、貯金も出来たしあとふたつこの調子で憎き巨人を叩こうではありませんか!
出番ですよ!山井さん!

|

« 今夜もまたまた脇役が… | トップページ | 「鉄人岩瀬」は「人間岩瀬」である »

コメント

管理人さんに、大喝です(笑)


要らないんデスは、昨日も守備で未遂をやっちまいました。
荒木が呆れかえっていました。

小さいミスの積み重ねで勝利が逃げていきます。
まだ、1つ勝っただけで僅差の試合を物に出来たら喜びたいと俺は思います。


BSのカメラマンに天晴れ、何とライトスタンドに森野のそっくりさん出現、似ていて少しビビりましたが、周平のホームランも凄かったです。

投稿: アンチ巨人 | 2014年7月26日 (土) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/56901460

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の快・快・快・快・快・快・快勝の夜の夢:

« 今夜もまたまた脇役が… | トップページ | 「鉄人岩瀬」は「人間岩瀬」である »