« 監督の決断力とは? | トップページ | ベテランの足と若手の右腕 »

2014年8月13日 (水)

風雲急を告げて真夏の悪夢が過る

◇8/12…岐阜長良川球場
中日 4 - 6 横浜DeNA

悪夢が過る一夜になった。
巨人は阪神にエース対決で力負け、広島はヤクルトに先制点を3点取りながらも大事な所でのミスが響き逆転競り負け、我がドラゴンズは13安打を放ちながらも決定打が出ず残塁の山を築いてノープレッシャーのDeNAに敗れた。
これでセ・リーグのゲーム差が、
上から 0.5 3.0 2.0 1.0 5.0 となり、首位から5位まで 6.5 にまで接近した。その下の最下位ヤクルトも 5ゲーム差で続いている。投手防御率 3点台をキープしている巨広中が、打撃が売りの神横ヤに打ち負ける夜になった。
猛暑の夏は投手よりも打者の方が圧倒的に有利であり、この先の戦いが打撃戦になればなるほどある不安が過って行くのである。
試合巧者の巨広中を、策はなくても勢いエイヤーの神横ヤが上回った戦績を残して行ってしまうのではないかの不安である。
オフシーズン、まさかの神横ヤのクライマックスが繰り広げられているかもしれない悪夢がふと過ってしまった8月12日の夜になった。
さて他のチームの話はさておき我がドラゴンズである。代打に出て来た高橋周平の目の覚めるような場外ホームランは素晴らしかった。この一発が見られただけでも年に一度の長良川球場にやって来たドラゴンズファンは、溜飲が下がったのではないだろうか。未来のドラゴンズへの大きな夢が広がる一発であった。
バットの匂いを嗅いでニヤニヤしてばかりいる外人Hももうそろそろお疲れさんでいいのではないだろうか。今日からは遊撃高橋周平で行くべきである。
谷繁のことだから荒木を外してHをセカンドに残すのかもしれないが、それは一時的なこととしてほしい。何故なら高橋周平が遊撃に入れば尚更荒木のセカンドは絶対必須条件だからである。
ポカの多いHを使うには危機意識を持たせての起用にしてほしいとここは強く願う所である。
あともうひとつ、前にも度々記して来たが、朝倉に松井雅は合わないということだ。初回2回3回とコントロールが定まらない朝倉にピンポイントのリードをし続けようとするこの捕手は阿呆じゃないかと思うのだ。毎度毎度思うことだけど、いつも以上にボールが走っていた朝倉に必要なリードは真ん中に大きく構えてボールを待つことなのだ。そして緩急である。速球が145を超えていた昨夜の朝倉だからこその緩急なのである。序盤強打のバッター達も速球には押されていたではないか。打者の1番近くにいる松井雅にそれが分からない訳がないのだ。朝倉がピンポイントに構えるミットを狙うのでボールが先行して苦し紛れに置きに行った甘い球を痛打されるシーンを何十回も見せられて来た。この頭が硬くて弱い捕手はコントロールがアバウトな投手には向かないのである。それは、大野とのコンビにも同様である。
たらればだが、もし昨夜朝倉・谷繁のバッテリーで始まっていたら朝倉は7回2失点位で投げられたのではないかと思えて残念でならない。
達川バッテリーコーチよ!宜しく頼みますよ!
松井雅を育てたいなら『頭』を鍛えてほしいのだ。

それにしてもセ・リーグは風雲急を告げる状態になって来た。

今朝のトウチュウは、高橋周平の場外未来弾ではなく、1面は高校野球 大垣日大の大逆転勝利を大々的に報じる紙面だった。トウチュウデスクの編集意図については甚だ意味不明だが、「ドラゴンズ哀れ」は言うまでもない。

|

« 監督の決断力とは? | トップページ | ベテランの足と若手の右腕 »

コメント

管理人さん、お疲れ様です。

中スポも一面大垣日大でしたが、中日が負けた時他の記事を載せる事がありますが、谷繁の采配が堅くないので終盤攻めても時既に遅いと言う感じですが、もう、1,2位は諦めて、広島を落とす事に心掛けるべきで4,5位も変わらないのでCS狙うなら、打線は貧弱で得点機を逃すのが多いので、序盤は兎に角得点圏に送って堅く得点入れて欲しい。また、繋いでコツコツ得点上げて貰いたいです。


先発は、見方が得点入れるまで相手に失点させない。先発投手は、勝ち星が欲しくないんかい?


谷繁も口ばっかりでなく、格好つけずに泥臭く、ねちっこい嫌らしい野球をやって下さい。

投稿: アンチ巨人 | 2014年8月13日 (水) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/57068190

この記事へのトラックバック一覧です: 風雲急を告げて真夏の悪夢が過る:

« 監督の決断力とは? | トップページ | ベテランの足と若手の右腕 »