« ご当地男がやっと答えを出した夜 | トップページ | 「軽率の誹り」エルナンデスに断罪を! »

2014年8月 7日 (木)

嗚呼!またまた死球禍、和田!

◇8/ 6…ナゴヤドーム
中日 3 - 2 広島

うーん!実にシブい勝利だった。
今季初先発の5年目小川が、5回ワンアウトまで被安打は2だが、与えた四球が8個で満塁のピンチも3度、何十点取られていてもおかしくない状況で菊池のホームランと小窪への押し出しの2失点で踏ん張った序盤であった。荒木が、谷繁が、初先発小川に何度となく駆け寄り励まし、5回までを何とか2失点でゲームを作ることができた。その後今日もリリーバーたちが頑張って追加点を与えず3ー2で逃げ切り連勝した。今日の勝ち越し点は7回裏に死球で出塁した和田を谷繁のレフト前ヒットで迎え入れた得点だった。
この1点を又吉、岩瀬、福谷で逃げ切った。
同点で登板し勝ち越して貰った又吉がまたまた自らの勝ち運で7勝目を上げた。岩瀬がエルドレッドへの投球途中で左手に違和感を訴えて降板したのが心配だが、本人は大丈夫だということなので大事には至らないだろう。
ただ試合後、ひとつ別に衝撃が走った。
7回にバリントンから死球を受けた和田の右手首が骨折していたことが明らかになった。2000本安打まであと15本まで迫っていただけに非常に大きなショックであるし残念である。
先日は頭部死球で試合を欠場したばかりで、今季は死球禍に悩まされ続けてしまっている。
手首だからどの程度の期間欠場が要されるか不明であるが、1日も早く復帰してきて貰いたい。
とにかく今季のドラゴンズは怪我や故障の選手が多くなかなか全員が揃って戦えない。だが、幸い外野には成長中の中堅若手がいるのできっと和田の穴を埋めて頑張ってくれるだろうと信じている。
この日のお立ち台には、又吉と谷繁が並んでいた。
親父と息子のようにといえば谷繁に失礼だが、又吉という孝行息子の肩を抱く谷繁監督とのツーショットはなかなか微笑ましい1枚の絵であったことを付け加えておこう。
2日続けて接戦をしぶとくモノに出来たので、今回こそは3タテと行きたい所である。
さあ、岩田の無回転変化球よ!冴え渡れ!

|

« ご当地男がやっと答えを出した夜 | トップページ | 「軽率の誹り」エルナンデスに断罪を! »

コメント

管理人さん、お疲れ様です!


和田の長打力を誰がカバーするのか?
個々では厳しいと思うので打者全員で繋いでカバーして欲しいです。全員でフォアザチームで

中継ぎが潰れそうなので先発が1イニングでも長く、孝行息子が現れないものでしょうか!? 3連勝するぞ

投稿: アンチ巨人 | 2014年8月 7日 (木) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/57012326

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!またまた死球禍、和田!:

« ご当地男がやっと答えを出した夜 | トップページ | 「軽率の誹り」エルナンデスに断罪を! »