« この先が不安になるような負け様 | トップページ | 打てない守れないHが野球の神様を怒らせた試合 »

2014年8月20日 (水)

致命的敗戦の日

◇8/20…京セラドーム大阪
阪神 3 - 1 中日

痛恨どころじゃない負けを演じてくれました。
岩田曰く、2回の満塁をゲッツーで切り抜けたことが好投できた要因です、と。
3安打を重ねて、平田を3塁でホーム侵入を止めた上田コーチ、「なぜ止めた?」まだ試合の序盤だぞ。
8番9番に繋がるんだから回すべきだよ。
意図が分からない!
8番は今季ノーヒットの三ツ俣がまたラインナップされていた。きっと岩田の低めを打ってゲッツーだろうなと思った瞬間、外角低めを引っ張ってショートゴロまんまとゲッツー!これじゃ勝てねえよ!
目線を高くして狙うのは外野フライだろ?
指示してんのかよ、三ツ俣に。
岩田は低く沈むボールで勝負してくるのは決まってるんだから…。打って下さいのボールを打ったら併殺網に引っかかるに決まってるんだから。
決勝点になった、大島と藤井のタイムリー落球コンビに関してはただただ絶句のみ!
コメントのしようがありませぬ。
 
はっきりいいます。
今日の敗戦は致命的な敗戦になるような気がしてなりません。そんな戦いでした。

明日からは来年を見据えた戦いをしてほしいです。

残念!

|

« この先が不安になるような負け様 | トップページ | 打てない守れないHが野球の神様を怒らせた試合 »

コメント

管理人さん、いつもお疲れ様です。


俺は、今日で終戦とさせて貰い、今後は、来季を見据えて蘊蓄たらたらさせていただきます。


俺の今後の楽しみは周平しか居ません、お尻がデカクなったのでスタメンを無条件であたえ、来季の戦力にさせて欲しいです。
サード周平、ファーストルナ、レフト森野で俺だったら明日から臨みますが…

秋季キャンプ周平は、ファースト、レフトの守備の地獄キャンプをおくらせるべきです。

投稿: アンチ巨人 | 2014年8月21日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/57138283

この記事へのトラックバック一覧です: 致命的敗戦の日:

« この先が不安になるような負け様 | トップページ | 打てない守れないHが野球の神様を怒らせた試合 »