« 何故、松井雅なんだ! | トップページ | 捕手の頭脳の差が出た3連戦 »

2014年9月11日 (木)

取り返しのつかない稚拙なリード

◇9/10…マツダスタジアム
広島 4 - 3 中日

またまた松井雅の素人リードで負けた。

1回森野の犠牲フライで1点先制する形で試合は始まった。今季2度目の先発若松は武器のチェンジアップを有効に使い打たせるピッチングで4回までヒット2本で切り抜け好投をしていた。ストライクを先行させるピッチングで広島打線に打撃をさせていない感も強い見事なピッチングだったと思う。
しかし、5回突如として乱れた。
先頭松山に初球ストライクをライト前にクリーンヒット、続くキラにはボールワンからストライクを取りに行った2球目の高めの棒球をセンター前に弾き返された。田中は一塁ゴロに打ち取って、1死1・3塁。
打順は下位の8番9番だ。ピッチャー優位の投球をすれば切り抜けそうだと思うや否や、松井雅が突如として意味不明の弱気なリードを始めてしまうのだった。
バッター石原、
   初球、スクイズ警戒なのか外に外す完全なボール
   2球目、外角低めに外れる変化球で完全なボール
   3球目、2球目と全く同じ外角変化球でボール
   4球目、また外角にストレートが外れてボール

  何と1割バッター石原に完全なストレートの四球なのである。考えられないリードだ。広島打線の中で唯一の安全牌石原にボールに一度も反応させなくて与える四球など考えられない。ツーアウトなら分かるがワンアウトだ。敬遠と変わらないリードだ。

さらに次のバッターはピッチャーの野村である。
この日の第一打席でセンター前にヒットを放ってはいるが、9番ピッチャーなのだ。

初球、外角スライダー空振りでストライク
2球目、外に外すストレートでボール

ここで解説の高橋建がひと言!
「ここで完全に外に外す球は必要ないのにもったいないですねえ!」

3球目、外角へチェンジアップ低め外れてボール

また高橋建が「ここまではストライクを思い切って先行させるピッチングだったんですが慎重過ぎて却って自分を苦しくさせてますね!」

4球目、外角チェンジアップを空振りストライク
5球目、またまた外角へ変化球ファール

何故内へ1球投げさせないんだろう?
ピッチャーの野村相手にいくら何でも逃げて逃げて苦しみ過ぎじゃないか!

6球目、外角低めを狙ったストレートが甘く真ん中高めにシュート回転して入って来て、センター前に弾き返されるのだった。
これで同点だ。ピンチはまだまだ続き打順は1番に戻って行くのだった。

ここで友利コーチがマウンドに…。何を激励したのか分からないが、続く梵にも外角にボールを配して2球目のシュート回転の外角ストレートを内野にゴロを転がされて逆転、菊池には外ボール、外ボール、外ファールのツーボールワンストライクから突然内に要求したストレートが真ん中高めに入ってレフトフェンス直撃のツーベースを浴びてしまうのだ。

しかし、こんな間抜けなリード、僕は見たことがありません。下位打線の石原、野村に内角を1球たりとも使わず、強打者菊池にバッティングカウントで初めての内角ストレートを要求したら甘くなるのは間違いないのに何故?理解不能だ。ここで、4回まで好投して来た若松はKOされ、リリーフに岡田が出て来るのだが、時すでに遅しなのだ。
続く丸にもボールが先行してストライクを取りに行った3球目をセンター前に弾き返されるのだった。

ボールから入るリードは勿論あるが、完全に外したようなボールは意味がないことは誰もが知っていることだ。この松井雅は完全にボールを要求していることが見え見えの構えをするからボールから入る意味をなさないのである。

僕が広島のコーチなら、松井雅の稚拙なリードパターンを徹底的に打者にレクチャーして凡打をさせない自信はある。(笑)
もうシーズンは終わろうとしているのに、妙に期待されてマスクを被る機会が多かった松井雅人捕手には「学習」という文字はなかったのだろうか。
『残念❗️❗️❗️』なのだ。

結局、この5回のたった1イニングの稚拙なリードが敗戦を招いてしまった。
6、7、8回は3人づつでパーフェクトに武藤、祖父江が抑えただけに非常に勿体無い1イニングだった。

プロ入り初勝利も夢ではなかった若松も弱気な女房松井雅のお陰でお預けとなった。
広島カープは松井雅に大感謝しているに違いない。

それでも、谷繁監督はこの捕手を使い続けるのだろうか?意地か、只のふし穴か?!

DeNAの背中が段々遠くなって行く。

|

« 何故、松井雅なんだ! | トップページ | 捕手の頭脳の差が出た3連戦 »

コメント

管理者さん、おはようございます。


今年の中日は四球病に始まり、濱田の出現で一進一退で8月の和田の怪我から先発投手陣の崩壊、打線の決定力不足と戦力が居ないのが如実に出たシーズンでした。特に投手の内角攻めが少なかったように思います。


小田は、戦力外だと思いましたが、雅人、武山、谷繁では、来年も苦労するので嶋か炭谷をどうにかして獲得しないと当分低迷期が続くと思います。

投稿: アンチ巨人 | 2014年9月12日 (金) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/57337486

この記事へのトラックバック一覧です: 取り返しのつかない稚拙なリード:

« 何故、松井雅なんだ! | トップページ | 捕手の頭脳の差が出た3連戦 »