« 8月が9月に、ツキが変わった! | トップページ | 相変わらず不可解な選手起用 »

2014年9月 3日 (水)

新しい月が、ツキを運んで来てくれたかも…

◇9/ 2…明治神宮野球場
東京ヤクルト 2 - 3 中日

まさにツキが変わったような勝利だった。
今までならこのような接戦の場合はことごとく勝ち越されたり逆転されたりして来たので最後までハラハラさせられた試合ではあったが、福谷が3人で抑えて逃げ切り勝利をあげた。この3連戦中の最下位転落はなくなったのだ。しかし、勝ったドラゴンズの方にやはりツキがあったような気がしてならない。
  代打の切り札小笠原が勝ち越しの右中間ツーベースを打つのだが、通常あそこは一塁が空いていたから歩かされるに違いないと思っていたのだ。しかしヤクルトベンチは勝負を選択してくれたのだ。
これはやはりついていた。
しかし、選手起用や采配面にはまだ解せない部分はあった。ベンチの意図が明確な選手起用や采配を見せてほしいと願っている。
ちゃんとした野球をやって行くことこそが、悔しい今季を応援してきたファンに対して来季に向けての新たな期待感を築いて行くことになるのだと思う。
今日の伊藤準規は立ち上がりは力んで4安打を浴びて2点を失いどうなることかと思ったが、ベテラン小田の内角を効果的に使った上手いリードで再三訪れるピンチも凌ぎ6イニング2失点でクオリティスタートを果たしたと思っている。今日の攻め方を忘れず次回は是非勝ち投手になってほしいと思う。
明日は久々朝倉だ。キャッチャーは是非小田で行ってほしい。松井雅は相変わらず外角一辺倒のリードに終始しているから不安で仕方ないのだ。
今日の福谷の時も全て外角に構えていた。威力のあるストレートがあるからそれでも抑えることは出来たが朝倉では内も効果的に使って行かなければ抑えることは不可能である。先日の広島戦でも、久しぶりに一軍に戻って来てマスクをかぶっていたが、雄太、武藤、田島が失点した時は決まって内のない外だけのリードの時であった。
解説していた山田久志氏も内を使わない松井雅のリードに苦言を呈していた。
明日は、朝倉・小田でスタートすべきである。

|

« 8月が9月に、ツキが変わった! | トップページ | 相変わらず不可解な選手起用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/57261720

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい月が、ツキを運んで来てくれたかも…:

« 8月が9月に、ツキが変わった! | トップページ | 相変わらず不可解な選手起用 »