« 捕手の頭脳の差が出た3連戦 | トップページ | また一貫性のない投手リレーを… »

2014年9月12日 (金)

山井の勝因は谷繁が作り出す投球リズムにあり

◇9/12…ナゴヤドーム
中日 3 - 1 東京ヤクルト

何と8時半過ぎにゲームセットの勝利だった。
3ー1と点差は2点だが、点差以上に完勝、楽勝の雰囲気のゲームだった。ストライク先行でテンポの速い山井の投球にバットがよく振れているヤクルト打線はファーストストライクを狙っていたようだ。回心の当たりが多かったが、打球が野手の正面をつく幸運にも助けられて山井は7回を1失点で見事11勝をあげて最多勝争いにも加わることになった。
さらに、今日も同級生森野が2本のタイムリーとホームラン1本で全打点を一人で叩き出した。
本当に不思議である。今季3度目、アベックヒーローインタビューにふたりが並んで立っていた。
今日も谷繁が監督自らマスクを被った。
山井のいい投球リズムを作り出してヤクルト打線に考える余裕を与えないリードは流石である。
解説の権藤氏も話していたが、今年のドラゴンズの低迷の一番の原因は谷繁がマスクを被る回数が減ったことを上げていた。若い投手が多いから元気なうちは谷繁自身が1試合でもマスクを被るべきだと。
そして、被らない時は色んな捕手を試すべきだったと…。松井雅、武山、小田に決めずに、田中、赤田、桂、杉山という捕手の適性や実力を試して欲しかったと僕も思う。1軍のゲームに出場してこそ分かる能力もあると思うので、オフの補強も必要だが今季残りの試合で他の4人にもチャンスを与えられるのが理想なのだが…。
やはり、野球は投手と捕手なのだ。
明日も雄太・谷繁で行って貰いたいものだ。

|

« 捕手の頭脳の差が出た3連戦 | トップページ | また一貫性のない投手リレーを… »

コメント

管理者さん、お疲れ様です。

谷繁は、リードは流石ですが、打撃、走塁、肩は、もう終わっています。

来年には谷繁も引退すると思うので、自分の経験を中堅・若手にもっと教えるべきではないでしょうか?

嶋か炭谷を獲れるんだったら獲得して欲しいです。

キャッチャーとショートを何とかしなければ浮上はないと思います。

谷繁のドラフト桂押しじゃなく、スカウトの梅野押しだったら…

投稿: アンチ巨人 | 2014年9月12日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/57352925

この記事へのトラックバック一覧です: 山井の勝因は谷繁が作り出す投球リズムにあり:

« 捕手の頭脳の差が出た3連戦 | トップページ | また一貫性のない投手リレーを… »