« 『まさか』の勝利の立役者は三ツ俣だった! | トップページ | チームの弱点を自覚することから… »

2014年9月24日 (水)

悲劇の始まりは、小田に代わって代打谷のコールだった。

◇9/23…ナゴヤドーム
中日 1 - 15 巨人

昨夜の巨人戦は所用で留守録の準備して外出した。昼間、ブランコの逆転サヨナラツーランホームランでDeNAが阪神を下したのを目の当たりにして、来季ブランコがドラゴンズに復帰しないかなあと思ったりもした。
そして、深夜に録画を見てたまげて絶句してしまった。

7回表、巨人は10点を取った。
打者16人、6安打(1ホームラン、1二塁打)6四球、2失策、記録に表れない失策1、総投球数66球だった。
回を跨いだ祖父江、若松、岡田と3人の投手がマウンドにいた。岡田は四球を1つ出したが、次のバッターを打ち取って失点はなかったが、祖父江、若松は火ダルマになっていた。
が、しかし、7回表を僕はゆっくりと見直してみたのだ。何とこの回からマスクは松井雅が被っていた。
言いたくないがこの捕手にやっぱり大きな責任があるように見えた。祖父江は回を跨いだのだが、6回は小田のリードに応えて相手バッターを打たせて取って三者凡退に抑えていた。なのに、キャッチャーが代わった7回は何故かボール先行になり無駄なボールが増えて、四球、ホームラン、四球、四球、ヒットと人が代わったかのような投球をしてしまっていた。
打者5人に21球を投じるのだが松井雅の構えはことごとく外、祖父江の球はカーブもストレートもすっぽける球が連続したり、逆球になって真ん中辺りに来たりしていた。大田にデッカイホームランを打たれた球は初球、外を要求された球が逆球になって内角低めに威力なく入って来た球になって、物の見事に掬い上げられたものだった。若松に至っては、ジャイアンツ打線を怖がったのか34球中33球外のサインだった。外に完全に外れるボールのストレートと変化球が何と16球あった。これじゃ打たれるし、四球を出してしまっても仕方がない所である。
こんなリードは考えられない!
試合を壊してしまった、祖父江と若松は試合途中、寮へ強制送還されたと報じられていたが、半分以上はこの捕手松井雅の責任なのだ。

この所当番過多の祖父江のボールには良い時のキレが感じられない。やはり疲れているんだと思う。
6回を3人で抑えているのだから、回を跨がせる事がなければ、いい状態で試合を終えられていただろうに…。思い起こせば、6回裏の攻撃、ツーアウトから三ツ俣が三塁打を放って、小田に打順が周り、代打谷が告げられた。ネクストバッターサークルにはルナがいた。二死三塁なのだから、ルナではなく何故谷が先なのかと不思議に感じたのだが、谷は杉内の球にタイミングが合わず敢えなく内野フライを打ち上げ、万事休するのだった。谷が出塁すれば、祖父江にも代打が出て、祖父江の回跨ぎは無くなっていたのだ。
昨夜の悲劇の始まりは全てがここの選手起用にあったような気がしてならない。
谷ではなくて、ルナが先に行っていたとしても出塁していたとは限らないが、3割バッターであることには変わりなく巨人バッテリーは谷よりも警戒心は強くなり四球出塁の可能性も十分にあったと思うのである。そうすれば、祖父江まで打順が周ったのにと思うととても残念でならない。
得点も取れず、祖父江が回を跨ぐことになり、しかも捕手が代わるという、全てが予定通りの形ではなくなってしまったのだ。
回跨ぎの祖父江は、7回確かに変調をきたしていた。
右腕を振る仕草が増えて、何かおかしなシグナルを送っているかのようにも見えた。ボールのコントロールも効かなくなっていたし、ストレートの走り、カーブの曲がりにも明らかな変化が生じていた。
前の回を受けた小田だったら、いち早くこの変化を察していたに違いないと思うだけに、この捕手の交代は痛かった。松井雅には祖父江の変調を見抜くことが出来なかったのだと思う。

付け加えて言えば、次の回ルーキー鈴木翔太が巨人戦に初めて登板するのだが、鈴木は代わりっぱな村田とアンダーソンに2連発を喰らうのだ。
この時の松井雅のリードも悲しい位に酷いリードであった。村田には外ストレートボール、外ストレートボール、3球目外を狙ったストレートが真ん中に入って来て見事に左中間に弾き返された。続くアンダーソンには、完全に狙って来ることは見え見えなのにその初球をライトにライナーのホームランを浴びてしまうのだった。何とボールはストライクを取りに投げた真ん中のスライダーだったのだ。
やっぱりこんなリードあり得ないのだ。
松井雅と組む若手投手が可哀想で仕方ない。

というわけで屈辱的な敗戦で今季のBクラスが確定してしまった。2年連続Bクラスは28年ぶりの屈辱である。
そして、哀しいニュースがもう一つ、来季もあのダメ外人エルナンデスと契約するらしい。

|

« 『まさか』の勝利の立役者は三ツ俣だった! | トップページ | チームの弱点を自覚することから… »

コメント

管理者さん、お疲れ様です。


2点差で、ルナが代打でしたらルナを巨人は歩かせると首脳陣が予想したので谷を先に出したのではないでしょうか…(谷のタイムリーか?四球でチャンスを増やしたかったのか?)


俺の大嫌いな要らないんデスを雇っている程中日に余裕はありません。ホームランバッターを連れて来ないとダメです。
西武のメヒアかDeNAのグリエル級しか未来がありません。
雅が全く配球に1年たっても成長してないのが、大問題で、本人もそうですが、谷繁、達川は何をやっているのか??

来年のスタメンも今年と変わらないような気がしてならないです。

投稿: アンチ巨人 | 2014年9月25日 (木) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/57477666

この記事へのトラックバック一覧です: 悲劇の始まりは、小田に代わって代打谷のコールだった。:

« 『まさか』の勝利の立役者は三ツ俣だった! | トップページ | チームの弱点を自覚することから… »