« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年10月22日 (水)

オフシーズンに想うよしなしごと

久々に筆を執ります。
ブロ野球もCSシリーズが終了して、いよいよ明日のドラフトを挟んで日本シリーズに向かう所に差し掛かっている。
セ・リーグは巨人のあまりにも不甲斐ない戦いにより、伝統的に接戦に弱いあの阪神タイガースが何と無敗の4連勝で日本シリーズ進出を果たした。
パ・リーグは、断然の強さでシーズンを戦い続けて来たソフトバンクホークスが、レギュラーシーズンは最後の最後でまさかの連敗からオリックスとのデッドヒートを繰り広げて144試合の最終戦を延長サヨナラ勝ちでリーグ優勝、さらにクライマックスファイナルでは、下剋上を企む日本ハムに苦戦を強いられて第6戦の最終戦まで戦ってやっとの思いで日本シリーズ進出を果たしたのだった。
最終戦では、敵味方なく今季で引退する日本ハムの稲葉と金子の胴上げがなされて、思わずもらい泣きしてしまった。戦う者たちのスポーツマンシップの素晴らしさを感じた瞬間でもあった。
セ・リーグパ・リーグ共に、判官贔屓さながら、僕は下位球団を何気に応援をしてきたのだが、ソフトバンクはなかなかいい選手達のいるチームなんだなと思えた。
金満球団は応援しない主義なので、巨人は勿論ソフトバンクも最近は嫌いな球団ではあったが、日本シリーズではソフトバンクを応援してみようかなどと考えてもいる(笑)。今季限りで監督を辞任表明している秋山監督の熊本人っぽい朴訥さもなかなか好感が持てるキャラクターでもあり、有終の美を飾って貰いたい所だ。

さてさて、明日は運命のドラフト会議だ。
各球団のスカウト達の腕と目利きを発揮する一日になるが、我がドラゴンズのスカウト連中は果たしてどんな掘り出し物の新人を探し出してくれるのだろうか。今年は落合GM自らがノンプロの試合に足繁く運んだというニュースもあり、落合GMの眼の確かさも問われそうなドラフトになりそうで楽しみでもある。
無名だった昨年の又吉とか、以前の浅尾のような逸材の出現を心の底から渇望して止まない。

出でよ!無名なる大物よ!我がドラゴンズに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ライブ情報】11/17(月)開催!
近藤浩章トーク&ミュージックショー
~こんどうさんのおもてなし Vol.13
音楽と語りの祭典!秋の夜は長~い♪

Omotenashi13_web2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

恐るべしゆとり世代

遂に、ヤクルト山田哲人がやってのけた。
1試合を残した143試合で、64年ぶりに右打者年間最多安打新記録の192安打を第5打席で記録した。しかも、ホームラン、しかも逆転満塁ホームラン、ボールスリーからの4球目を力一杯のフルスウィングでレフトスタンドに、まさに絵に描いたような新記録樹立なのである。「もってる」なんて言葉で片付けられないくらい凄いことである。プレッシャーのかけらもない22歳の若武者が事も無げにやってのける姿には身震いさえしてしまうほどだ。
恐るべし、山田哲人、恐るべし、ゆとり世代なのである。
それにしても、最近大活躍のアスリート達にはとにかくゆとり世代が目立っている。
ブロ野球では他に、広島菊池涼介(24)日ハム大谷翔平(20)、テニスの錦織圭(24)水泳の萩野公介(20)フィギュアスケートの羽生結弦(20)など、皆んな見事に恐るべしゆとり世代なのである。
彼らに共通しているのはただ一つ『ノンプレッシャー』であることである。自信に溢れているのか、戦うことをとにかくいつも楽しんでいる風情なのである。失敗してもくよくよせず溢れてくる闘争心もあまり露骨に見せずに淡々とプレーをする姿は皆共通している。
できることなら、ゆとり世代を深く探ってみたい気持ちでいっぱいなのである。ゆとり世代の教育、ゆとり世代を教えた教師たち、そしてそのゆとり世代の親たち、様々掘り下げてみたい気分である。
とにかく、羨ましい位に眩しい世代なのだ。
山田哲人はきっと明日の最終戦でも、ホームランを打って3割30本をやり遂げるのではないだろうか。
まさに恐るべし22歳、恐るべしゆとり世代なのだ。

我がドラゴンズの最終戦が終わって、気がつけばまだ4日である。なのに、もっと遥か昔に最終戦があったような錯覚に陥る。何故だろう?
思えばあの8月連敗地獄への入り口の京セラドームの対阪神戦で大島と藤井が平凡な外野フライを譲り合って落とした時、僕のシーズンは終わっていたのかもしれない。普段では考えられない大島の落球に、今季ドラゴンズの優勝もCS進出もあり得ないと心の底で確信していたような気がしてならない。
だから、僕の中では遥か昔に最終戦が終わっているような錯覚が知らずに宿っていたのだと思う。
だから、物理的には4日前にDeNA最終戦を戦い終えているのだが、心の熱い部分は遠い昔に置いて来てしまっていたのでそれを最終戦と感じる気持ちが少なかったのに違いないと思うのだ。
本当に悔しいけど、可笑しい位に心はもう来季なのだ。
今日、DeNAが敗れたので、自動的に4位が決定したのだが、それは今となっては何の意味もないことなのである。週末から始まるCSシリーズも、まさによその国の出来事のように思えてくるから不思議である。

今季は全試合見て全試合のコラムを書き遂げることが出来た。このことには心から満足している。
巷でポストシーズンの戦いをしている間に、全試合を綴ったコラムを懐かしく情けなく読み返してみようかなどと考えている。

アンチ巨人さんや、一家言おやじさんを始め沢山の読んで頂いた皆さんからのコメント、本当にありがとうございました。ドラゴンズ愛が語る、皆さんの時には厳しく時には温かい言葉にいつも大きく頷きながら僕自身も書き続けて来られました。
本当に皆さんのお陰だと思っています。
終盤では、何やら7~8千人の方が読みに来て下さっていたことを知って、驚き、感謝の気持ちやら、責任の重さを感じる毎日ではありました。
全試合を語れたことには大いに自信を持って、来季もまた頑張って記して行こうと思っています。

オフシーズンも時々は感じることがある時には、綴ってみようと考えてはいます。
皆さんも、たまに覗いてみて下さい。

2014年、本当に苦汁を舐めさせられたシーズンになりました。

とりあえず、ここでひとまず筆を置かせて頂くことにします。皆さん1年間ありがとうございました。
合掌



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

チーム全員で勝ち取った山井の最多勝と勝率第1位

◇10/ 2…横浜スタジアム
横浜DeNA 1 - 4 中日

67勝73敗4分、これが谷繁新体制の戦績である。
2年連続Bクラスとなった。
一年を振り返るのはまた改めてするとして、印象としては、つまらないミスや采配の見誤りで敗れた試合はざっと15試合程あったように感じている。
僕から見た来季への課題は後日じっくりと抽出してみようと思っている。
 
横浜での最終戦は先制逃げ切りという粘り強いドラゴンズ本来の勝ち方で山井の最多勝と勝率1位のタイトルをチーム全員で勝ち取った。
山井のピッチングも今年のピッチングさながらの本当に粘り強い投球であった。だが7回のピンチで、去年までのチームメイト柳田を警戒しすぎて四球を与えてしまい、満塁になってグリエルを迎えた所で悔しくも又吉に後を託すことになった。
  しかしその後、又吉、福谷の勝利の方程式は最終戦に於いても見事に機能して144試合を勝利で終えた。

72試合11セーブ32ホールド、防御率1.81の福谷
67試合2セーブ24ホールド、防御率2.21の又吉

は、本当に頭が下がる大車輪の活躍であった。
オフには自分の心と身体を芯から癒して欲しいと願っている。
  お疲れさま!福谷浩司、又吉克樹!

大島は内野安打1本を打って186安打として、福留の持つチーム記録に並んだ所でシーズンを終えた。
ヤクルトの山田はこの日3安打を放ち2試合を残して188安打と記録を伸ばした。試合を残している広島の菊池との最多安打争いはまだまだ分からなくなっている。来季こそ好不調の波を最低限にして、大島には是非ともシーズン200安打に挑戦して貰いたい。

昨夜は、ドラゴンズが最終戦を勝利した1時間6分後4時間半に及ぶ死闘に決着を付けた、ソフトバンクがパ・リーグ優勝を144試合目で決めた。
オリックスの粘りが一歩及ばない2014のパ・リーグのペナントレースとなったのだ。

ポストシーズンの始まりと共にストーブリーグの激しさが増して行く時期に差し掛かろうとしているプロ野球、色んな意味でもまだまだ目が離せない日々が続いて行くのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

喜びと哀しみとドラゴンズの一番長い日

◇10/ 1…ナゴヤドーム
中日 4 - 2 横浜DeNA

一昨日のファーム全日程終了に伴って来季の戦力外選手の発表があった。当初よりこのオフでの大量解雇の噂は絶えず、果たして誰が見限られるのかとあちこちで憶測が飛び交っていたのだが、いざ公表されるとあれこれ外野の声は喧しい。

堂上剛、田中、小田、森越、中田亮、矢地、辻、井上、井藤、宋 の10選手の名前が発表された。

ある程度予想できた名前もあれば、そうでない意外な名前もあり、早速ネットなどのSNSでは侃々諤々な書き込みに溢れた昨日になった。
数日前に発表された引退する3選手を併せて計13選手がドラゴンズのユニフォームを脱ぐことになる。
外人選手はルナとエルナンデスは来季の契約は決まっているが、カブレラ、パヤノ、メジャは他の補強次第で去就は決まっていない。引退選手とは別に、堂上剛や小田らの戦力外選手の多くは、来季も別の環境での野球を継続したい意志があるとのことから身動きが取り易い自由契約の身分にしたという経緯も窺われるのだが、来季のドラゴンズに於ける戦力構想外であることには間違いなく、残念で寂しさは拭えないのである。
しかし、選手にとっては働く環境との相性もあってかつての森岡(ヤクルト)柳田(DeNA)中村一(オリックス)のように自由契約後に入団したチームで今も大事な戦力として活躍している事実も顕在しているのだから是非とも一念発起して頑張って欲しい。
今後はトレードなどの話も続発しそうで気が気ではない選手もいると思うが、鉄平(楽天〜オリックス)のように首位打者を取るような変身をすることもあるから、出場機会のあるチームへ行くことの利点を大いに前向きに捉えて精進して貰いたいと願うばかりである。
兎にも角にも『縁』が為す人間の運命であると言える他ないのである。

そんな中、昨夜は本拠地での最終戦があり、全選手勢揃いでの谷繁兼任監督の挨拶もあった。
試合は、大野が2年連続の10勝をあげるピッチングとホームランとツーベースを含む3安打の周平の活躍で勝利を飾り集まってくれたファンに応えた。
強い時代のドラゴンズを強力な中継ぎとして貢献した、三瀬、小林、鈴木義の3投手の引退登板もあり、ドラゴンズの、新旧、悲喜、相乱れての何とも言えない印象深い試合となった。
3投手の挨拶もあり、必ずしも光り輝いた選手ではなかった縁の下の力持ち的な3人にもこうした花道を作ってあげるドラゴンズの温かさにはファンとしても嬉しいことであった。3人の有り余る感謝の弁と来季からチームスタッフとして強いドラゴンズを取り戻すべく頑張るという強い意欲が伝わって来てとても爽やかな引退セレモニーであった。
万感溢れて悔しさで締め付けられそうであったと察する谷繁兼任監督の言葉にも何時になく力強い奪還の意志が感じられ、来季こそは極め細かい采配と作戦、そしてそれが遂行されるべく練習、鍛錬で臨んで欲しいと心底から願って止まない。
オフに於けるチーム立て直しの様を本当に興味深く見届けて行こうと思った1日にもなった。

さて今夜、144試合目、最終戦が横浜で行われる。

山井の13勝、大島の最多安打更新をかけて有終の美を飾るべく2014年の集大成として戦いに挑む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »