« 上田の運がエルナンデスの運に勝った日 | トップページ | 声を大にして言いたい事 »

2015年4月24日 (金)

ホーム月間11勝はチーム全員が立役者だ!

◇ 4/23(木) ….ナゴヤドーム
中日 3 - 1 東京ヤクルト


待ちに待った高橋周平のヒーローインタビューが実現した。
前回神宮で新垣に3三振を喫したリベンジを果たして2点タイムリー三塁打を放ってくれた。淡々と好投を続けていた吉見を勇気付ける先取点となった。
流石の吉見は初回のピンチを切り抜けると以降味方の援護を貰うまで我慢のピッチングを繰り広げてくれた。失点のピンチもあったが絶対に点はやらないピッチングこそが吉見の真骨頂である。
最終回ツーアウトから福谷が畠山にまさかの一発を浴びるが、これも今日はご愛嬌である。
3打席凡退の若き4番バッター福田が、7回の追加点のチャンスに見事にタイムリーを放ってくれたのはドラゴンズにとっても吉見にとっても大きい得点となった。
そして、吉見が復活登板後20イニング無失点で2勝目を上げたのは嬉しく頼もしい限りである。
書き忘れたが、先制タイムリーを打った高橋周平が最終打席でももう一本ヒットを打った事、これこそが彼にとってとても意義のある一日になった筈だ。

さてこれでナゴヤドーム月間11勝の最多勝利タイ記録となった。そしてヤクルト巨人とゲーム差なしの首位に並んだ。明日からは4月の戦いの総決算となるビジターでの6試合に臨むことになる。
主力の怪我や出遅れで若手中心で戦った新生ドラゴンズがこの一年を占うのに相応しい4月の有終なる仕上げを是非共飾って貰いたいと願うばかりである。

|

« 上田の運がエルナンデスの運に勝った日 | トップページ | 声を大にして言いたい事 »

コメント

おはようございます。

昨夜のゲームでは近い将来のドラゴンズが見えた気がしました。

高橋周が先制打、福田がダメ押し、福谷が締める。

最近のゲームは見ていてここ数年に無くワクワクします。確かに中々点が取れなかったり、僅差のゲームが多かったりして気が気ではありませんが、その中で若い選手たちの精一杯のプレーが楽しくて仕方が無いのです。

近藤さんも書かれている様に月間11勝した年は過去2シーズンあるそうで何れも優勝しているそうです。今日からの関東ビジター6連戦、何としても勝ち越して4月を終えて貰いたいところです。

投稿: 一家言おやじ | 2015年4月24日 (金) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59752870

この記事へのトラックバック一覧です: ホーム月間11勝はチーム全員が立役者だ!:

« 上田の運がエルナンデスの運に勝った日 | トップページ | 声を大にして言いたい事 »