« 谷繁の監督としての頑固さと信念に信頼を! | トップページ | まさかが本当になったサヨナラゲーム »

2015年4月14日 (火)

『LAQ』ラテンアメリカカルテット

◇ 4/14(火) ….ナゴヤドーム
中日 3x - 2 阪神

いやぁ!強い!いい勝ち方だ!
10日エルナンデス、山井、12日ルナ、そして今日はナニータと日替わりのヒーローが勝利に貢献してインタビューを受けている。
最終回のチャンスにまず代打小笠原、当然敬遠である。この敬遠は織り込み済みで代打2番手ナニータだ。相手チームは投手松田を左に替えようとせずに続投だ。ラッキーである。狙い通りだ。
ストレート一本で攻めてくる松田と梅野の若いバッテリーに変化球を投げる余裕はない。
ナニータは真っ直ぐ一本に狙いを定めてバッターボックスに入ったに違いない。
初球から積極的に振って行った。案の定ストレート一本だ。2球ファールをした後5球目外角高めに浮いた少しシュート回転した速球を左中間にジャストミートして跳ね返した。レフトもセンターも打球を追うことはしなかった。完全無欠のサヨナラヒットだった。早くも今季4度目のサヨナラ勝ちである。
ベンチの選手もコーチも監督も皆んな歓喜の雄叫びを上げてダイヤモンドに駆け出して来た。
「何度やってもいいですねぇ!」と谷繁監督は試合後のインタビューで2度言った。
8回まで2失点の4度目の好投も勝利投手になることは出来なかったバルデスだったが、彼も殊勲者の一人であることは間違いない。山井、大野、吉見と並んで安定した先発4本柱の大事な1本であるのだ。
自然と勝ち星もいつのまにか付いてくるものだから次回も同様に頑張って投げて欲しい。

因みに、ルナ、エルナンデス、ナニータのドミニカントリオは今、『3D』と呼ばれてるらしい。
それなら僕は、キューバ出身のバルデスを加えて『LAQ』とでも呼ぼうかな。
『LAQ』=ラッキュー=ラテンアメリカカルテットなのである。

|

« 谷繁の監督としての頑固さと信念に信頼を! | トップページ | まさかが本当になったサヨナラゲーム »

コメント

おはようございます。晴れやかな朝を迎えております(笑)。

ナニータがやってくれました!少し、非力な感じはするのですが、勝負強くて頼りになります。

そして久々に福田のスタメン復帰。彼が入ると打線に迫力と重量感が出ますね。もう外せない選手になっている気がします。

投手ではバルデス。素晴らしいコントロール、いい投手ですね。このままの投球を続けて貰いたいものです。

「LAQ」いいネーミングです。「3D」というネーミングはCBCのアナウンサーが考えたものです。個人的には「D3」=ドミニカン3の方が好みなのですが…昔、「W3」という手塚アニメも有りましたし(笑)。

今日の先発は大野。開幕3連敗の借りを返す為にも今日も大野に頑張って貰いましょう。

投稿: | 2015年4月15日 (水) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59645374

この記事へのトラックバック一覧です: 『LAQ』ラテンアメリカカルテット:

« 谷繁の監督としての頑固さと信念に信頼を! | トップページ | まさかが本当になったサヨナラゲーム »