« 声を大にして言いたい事 | トップページ | 暗い日曜日 »

2015年4月25日 (土)

大島のタコが続く限り勝ち目はない

◇ 4/25(土) ….横浜スタジアム
横浜DeNA 5 - 2 中日

またタコを更新した我がドラゴンズの切り込み隊長大島であった。対ヤクルト第3戦の3打席目から数えると、都合11打席連続凡退である。
そして、何よりも内容が悪すぎるのが気掛かりである。大島が出塁しなければ自ずと得点の可能性は減少することになる。続く亀澤、ナニータの出塁率がいいだけに大島の大不振が目立ち打線に元気や覇気が無くなってしまうのだ。
明日こそ第1打席の出塁をどんな形ででも実現して欲しい。四球、死球、エラー、何でもいいから塁に出て欲しいのである。
今日は初の4番に坐ったナニータと5番の周平の連打で先取点を上げてスタートしたのだが、珍しくバルデスのボールが真ん中付近に集まっていて痛打されたり、際どいボールの判定も手伝ってピンチが何度となく訪れてしまっていた。
松井雅のフィルダースチョイス気味の悪送球が余計にバルデスのリズムを狂わせてしまったようだ。
ここは思い切って桂の先発起用を願いたい所だ。
松井雅のバッティングはとにかくひどくて投手以下のように思われるのだ。まるで工夫もなく空振りや見逃しの三振の嵐である。
初先発のルーキー友永もずっーと、山口の同じフォークボールと内角スライダーをかする気配もなく空振りを繰り返していた。少し考えれば分かると思うのだが山口、嶺井のバッテリーは見下ろしたように全く同じ攻め方でこのヘナチョコルーキーをあしらっていた。少しは頭を使って貰いたいものだ。
見逃せばボールも沢山あったと思うのだが…。
友永の先発はまだまだ時期尚早の感が強い。
明日は腰の坐った野球を見せて欲しい。
メンバーもあまり奇をてらうことなくオーソドックスな打順で臨んで欲しいと願う所である。
連敗は今季2度目になる。神宮での対ヤクルト戦の時と今回である。まだ3連敗はないので明日こそ泥臭い野球でもいいので必死に喰らいついて勝利して欲しいのである。
いずれにしても松井雅は桂に交代すべきである、

|

« 声を大にして言いたい事 | トップページ | 暗い日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59771083

この記事へのトラックバック一覧です: 大島のタコが続く限り勝ち目はない:

« 声を大にして言いたい事 | トップページ | 暗い日曜日 »