« 屈辱のち爽やかな初夏、そしてナマステ‼️ | トップページ | 谷繁監督の頭痛がずっと続きますように! »

2015年4月28日 (火)

平田がなかなか一流になれない理由は…


◇ 4/28(火) ….東京ドーム
巨人 4 - 1 中日

GWの9連戦の始まりは、大野の勝負を急ぎ過ぎる投球を見逃してくれない巨人のバッターの積極性が勝り、結局致命的な4失点を跳ね返す事が出来ずに4連敗に終わった。
これで貯金を全て吐き出して5割丁度になってしまった。またゼロから出直しである。
杉内の投球内容もよかったが、今日からスタメン復帰した平田の力みからの不振が妙に目立った。
およそ狙っていたとは思えないボールを初球や2球目の早いカウントで無理やり打って凡退してピッチャーを助けていたように見えた。
平田の悪い癖である。気持ちが無駄に入りすぎて力任せに凡打を簡単に打ってしまう癖だ。
狙い球を絞ってじっくりと投手を睨みつけるような風情があったら、もっと相手投手はビビるに違いないと思うのに…。
こういう若さや脆さや雑さが、平田がなかなか一流になって行かない要因のような気がしてならない。
後輩の日ハムの中田の風格を学んで貰いたいものである。意外性のバッターではなくて確実性のあるバッターに早くなって欲しいものだ。
それに比べて、新4番の福田は試合の中で修正を試みているようで、今日も最終打席のチャンスで沢村からライト前にライナーのタイムリーを放った。
福田は好調杉内からもセンター前に一本ヒットを放っている。前後のバッター即ち松井佑、平田がもう少し工夫をして杉内に対応していれば攻略も不可能ではなかったようにも感じられるから残念である。
明日はルナが戻って来るらしい。
メンバーはどうするんだろうか?
谷繁監督のお手並み拝見といった所である。
とにかく調子のいい選手を使って貰いたいし、試合中でも心を鬼にしてもっと大胆な選手起用を試みて欲しいと思うのだ。
とにかくもう負けられないぞ。
菅野攻略の糸口は機動力にあるのではないだろうか。

|

« 屈辱のち爽やかな初夏、そしてナマステ‼️ | トップページ | 谷繁監督の頭痛がずっと続きますように! »

コメント

おはようございます。

雨は…止む事はありませんでした…。

テレビの前に座った瞬間、よもやの村田のHR…。0‐2。3連敗中というのもあってか、重苦しい気分になりました。案の定、1‐4の敗戦。9回に福田のタイムリーで一矢報いたものの完敗の感は拭えません。高橋周を外し、3番に松井佑を配して臨んだ打線は結果を出せませんでした。打線の中で私が気になったのは大島です。彼の淡白さには目を覆いたくなりました。

これで4連敗、貯金も無くなり5割になりました。序盤ですし慌てる事もないとは思いますが、現状を打破するには『風』が必要だと思うのです。結果の出ない選手OR成長の跡の見られない選手を2軍に落として別の選手を起用するのも一つの手かと。松井雅、藤井、堂上倫と杉山、井領、石川、三ツ俣辺りを入れ替えたらどうでしょう?

今日からルナが復帰するらしいですが、スタメンが気になります。出来れば亀澤、高橋周、福田、桂はスタメンで使って欲しいと思います。この4人は近い将来のチームの屋台骨を支える選手だと感じるからです。…こんな時、「福田をレフトで使えたら」と考えるのは私だけでしょうか…。

投稿: 一家言おやじ | 2015年4月29日 (水) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59808239

この記事へのトラックバック一覧です: 平田がなかなか一流になれない理由は…:

« 屈辱のち爽やかな初夏、そしてナマステ‼️ | トップページ | 谷繁監督の頭痛がずっと続きますように! »