« 『LAQ』ラテンアメリカカルテット | トップページ | 敵に塩を送ってしまったか? »

2015年4月16日 (木)

まさかが本当になったサヨナラゲーム

◇ 4/15(水) ….ナゴヤドーム
中日 2x - 1 阪神

あたかもサヨナラ勝ちを敢えて演出したかのような今日のゲームだった。今日のタイガースの打線には繋がりが見られずドラゴンズ大野の前に攻略の糸口が掴めない感じだった。一方ドラゴンズは二桁の安打を放って毎回のように塁上を賑やかせていた。しかし得点は一点、しかも大島のホームランによる得点だけで、残塁の山を築いていたのだった。こういう試合は得てしてふと訪れたチャンスをモノにした敗戦濃厚のチームの方が勝ったりしてしまうものだ。
そんな悪い予感が次第に頭を過るような後半を迎えていた。我がドラゴンズの、拙攻や、作戦ミスが目立つ下手糞な試合運びにイライラも感じながら見ていた。綱渡りのようなハラハラしたリリーフ又吉の投球にも不安が一杯、でも何とかかんとか同点止まりで9回の裏の攻撃を迎えることが出来た。
まさか、まさか、3試合連続の…?と殆どの人が半信半疑で期待を抱いたような気もするが…。
ワンアウトから大島がヒットで出塁、マウンドには昨夜のサヨナラの被害投手松田がいる。
いや、ひょっとしたらひょっとするかも…?
続く亀澤に送りバントかと思ったら何とバスターを指示、ファールフライを打ち上げて敢え無く凡退で走者を進められず、ここでもベンチの作戦ミスが。
そしてバッター平田、外野手は深い守備位置に。
単打ではランナーは戻って来られないので長打もしくは二本のヒットが必要になる。
そこで大島に思い切って盗塁を敢行させるのだ。
捕手藤井のボールがワンバウンドになり、間一髪セーフだ。
タイガースの外野手が今度は思い切り守備位置を浅くシフトするのだった。
次の球、外角高めの棒球を思い切り引っ叩いた平田の打球はライトを深々と超えて行くのだ。
なんと、サヨナラである。3試合続けてのサヨナラは初らしい。しかも4月に5度目のサヨナラもセ・リーグとしては最多記録らしい。
また日替わりのヒーローだ。
今夜は平田がお立ち台で弾けまくっていた。
しかし、勝利監督インタビューの谷繁はつとめて神妙であった。それもそのはず、かなり下手糞な野球をやってしまって罰も悪いに違いない。勝って兜の緒を締め捲っていたように感じたのは僕だけではなかっただろう。
こんな野球をやってると、いつ連敗街道まっしぐらという事になってしまってもおかしくないという事を谷繁自身が一番良く知っている筈だからである。
「反省」の単語を出して締めくくった勝利監督の談話を聞いて明日もきっと大丈夫だろうと感じる事が出来た。
明日は中5日で山井が来るらしい。
捕手は武山であってほしいのだが…。
ピンチになった時の松井雅の配球がまだ不安で不安で一杯だから…。

ともあれ、単独首位キープ、3試合続けてのサヨナラ勝ちは天晴れであった。

|

« 『LAQ』ラテンアメリカカルテット | トップページ | 敵に塩を送ってしまったか? »

コメント

おはようございます。

正直に言えば、下手な試合運びとタイムリー欠乏症に納得できる試合ではありません。もちろん相手も勝とうとしている訳ですから、こちらの思惑通りに行くとも思ってはいません・・・雅、自ら志願してファームで頭と打撃を1から鍛え直して来て下さい、お願いします。

とはいえ勝ったことは嬉しいです、劇的なサヨナラですし。

バタバタしながらでも勝って行けば自信になりますし、自信が本当の強さを引き出してくれます。

拙い試合運びでも今は勝つ事が重要です。今日も勝って開幕3連敗のリベンジと参りましょう。

投稿: 一家言おやじ | 2015年4月16日 (木) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59657094

この記事へのトラックバック一覧です: まさかが本当になったサヨナラゲーム:

« 『LAQ』ラテンアメリカカルテット | トップページ | 敵に塩を送ってしまったか? »