« 目に見えないリズムが変わった瞬間 | トップページ | 早春の珍事よ!どこまでも。 »

2015年4月10日 (金)

全員野球の「采配」とは?

◇ 4/ 9(木) ….神宮
東京ヤクルト 3 - 2 中日

凍りつくような酷寒が三晩続いた神宮ナイターは、1ー0、1ー2、2ー3のいずれも最小点差1点差ゲームで、ドラゴンズの1勝2敗に終わった。しかも、2戦3戦の敗戦は先制しての逆転負けだった。それだけに何だか消化が悪く悔しさ一杯の2日間になってしまった。このような気候で集中力を欠かさずにやり続けることの難しさも感じずにはいられなかったが、2試合とも逆転打を浴びた際の不注意な配球には、ドラゴンズバッテリーの若さと未熟さの印象は免れ得ない所であったと言えよう。昨夜の武藤武山のバッテリーも二死二三塁のピンチで畠山を迎えた場面、一塁が空いていてネクストバッター田中浩康との勝負の兼ね合いを探りながらの攻め方が必要ではなかったろうか。試合後の畠山のコメントにもあったように初球から積極的に何でも打ってやろうとバッターボックスに入った畠山にはうってつけの初球ど真ん中のストレートだったのだ。しかも残念だったのは、その時の二塁ランナーは平田からの返球中継の乱れに乗じて与えた進塁であったことだ。ちょっとしたミスも集中力の欠如が生み出すことを思えば、一人一人が冷静に状況判断をしながら慌てることさえなければ無駄な失点は防げたような気がしてならない。今季初登板初先発の武藤は結果は5イニング3失点でまずまずではあったと思うが、元々コントロールがアバウトな武藤なだけに武山の明確な意思を持ったリードが求められた所である。
  谷繁兼任監督が捕手としての自らの出場を今の段階であまり考えていないような様子だけに、武山、松井雅のインサイドワークの緻密さは今後もより求められる所である。やはりこのチームの『後継捕手問題』は課題中の課題なのだ。
  因みに昨夜の相手チームの捕手西田には、ベンチが事細かく配球サインを出していたような気配がしていた。

昨夜は前日の試合を見ていて僕が感じたことの幾つかをドラゴンズベンチも同様にスタメンに反映させていたように思った。
力のないスゥィングや動きの悪さを露呈し見るからに疲れているように見えた藤井を外したこと、大事な所でのリードがパニックっているように見え疲れ切ったヘッドワークの松井雅を外したこと、3番4番の平田、ルナと6番エルナンデスの間の5番で覇気や工夫を感じないバッティングで凡フライを4つ繰り返して流れを途絶えさせた周平を7番に下げたこと、これらは僕が感じたことだったので大いに納得をした試合前ではあった。
藤井の代わりに出た5番ナニータは3安打1四球で全打席出塁したし、武山も逆転打を打たれたワンポイントを除いてはまずまず投手の良さを引き出していたようだったが、周平は最大のチャンス無死満塁の3球三振を初め全ての打席で三振を4つ記録した(笑)。
先発を貰った2試合8打席は工夫や成長が感じられない4飛球4三振で終わった。情けない限りだ。
背中で『3』が泣いているぞ!

今日からは、名古屋に戻って《絶好調×絶好調》のDeNAを迎え撃つ。山井、八木、吉見の3投手の先発が予想されるが果たして女房役には誰が指名されるだろうか。ここに来てやや力のないスゥィングが目立ちいかんせん疲れが隠せない新鋭亀沢とベテラン荒木の選択はいかに?周平起用の取捨選択は?
谷繁監督には、自身が掲げているはずの全員野球を是非とも実行して貰いたく、納得の行く選手起用をして欲しいと思うのだ。
序盤最後のカード、DeNA戦での谷繁の「采配」が見ものである。

|

« 目に見えないリズムが変わった瞬間 | トップページ | 早春の珍事よ!どこまでも。 »

コメント

「ミスが出れば負ける」
  
まさにそれを地で行くゲームになってしまいました。
 
武藤も序盤から不安定で、ラジオで聴いていたのですが投球からは自信無さ気な感じが伝わって来て、自分のボールを信頼できていない感じがしましたね。

打者では高橋周。起用する・起用しないという問題ではなく、彼自身が打ち破らなければならない大きな壁が存在しているような気がします。

今夜から地元でのDeNA戦。基本に立ち返って頑張って貰いましょう。

投稿: 一家言おやじ | 2015年4月10日 (金) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59589628

この記事へのトラックバック一覧です: 全員野球の「采配」とは?:

« 目に見えないリズムが変わった瞬間 | トップページ | 早春の珍事よ!どこまでも。 »