« 災禍は広島の雨に全部流して帰ろう! | トップページ | 初一軍初スタメン初ホームランの桂は強運の持ち主かも! »

2015年4月21日 (火)

あの金子よりもこの金子

このオフ、ドラゴンズはオリックスをFAした金子千尋投手獲得に名乗りを上げて動いたらしいが、結局金子千尋はオリックス残留の道を選択して獲得はならなかった。その金子千尋もオフに右肘の手術をして今はまだリハビリ中で登板がままならぬ状況で、優勝候補のオリックスは開幕から苦戦を続けて最下位独走中である。大エース金子千尋の一日も早い復帰をチームもファンも望む所だろう。
我がドラゴンズは、日本を代表する投手金子千尋の獲得はならなかったが、無名中の無名の大阪学院大学出身ドラフト9位の金子丈(カネコタケシ)を獲得した。金子丈は12球団中しんがり指名であった。
ドラフト会議では次々と殆どのチームが「選択終了」を宣言してテーブルを離れて行く中で、我がドラゴンズのテーブルには落合GM初め、球団代表、スカウト部長など全員が依然としてテーブルで協議を続行し、最後の最後に9位指名としてこの金子丈の名前を上げたのだった。新聞の端っこにもこの名前は載っていなかったのでこの指名は僕にとっても不思議な興味が動いたのを覚えている。
そして新人投手の中では一番最初に一軍登録されたのも、一軍マウンドデビューしたのも、この金子だった。
2試合登板して打者7人パーフェクトに抑えているのだ。勿論負け試合の気楽な場面ではあるが、堂々とした風情で投げ下ろすボールには見かけ以上に威力がありそうだ。ゆったりとしたフォームで189㎝の長身から投げ下ろすボールはコントロールも良く、打者もタイミングが合わせにくそうに見える。まだストレート一本のような投球でどんな変化球を投げるのか分からないが面白い存在の投手になりそうな予感がプンプンするのは僕だけだろうか。
「あの金子よりもこの金子」と言われる日も近いかもしれない。このまま与えられたチャンスで冷静に自分の投球を続けて行けば、先発に起用される日もそう遠い日ではなさそうな気もする。
ドラフト1位の野村が故障で出遅れ、2位の浜田智もデビュー戦で2本のホームランを被弾した中で、順調にデビューを果たしている9位の金子はドラゴンズにとっても嬉しい話題である。
頑張れ、ドラゴンズの金子‼️

|

« 災禍は広島の雨に全部流して帰ろう! | トップページ | 初一軍初スタメン初ホームランの桂は強運の持ち主かも! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59719505

この記事へのトラックバック一覧です: あの金子よりもこの金子:

« 災禍は広島の雨に全部流して帰ろう! | トップページ | 初一軍初スタメン初ホームランの桂は強運の持ち主かも! »