« 僕の結論!やっぱり大島なのだ! | トップページ | 若さが持つ無限の可能性こそ! »

2015年5月16日 (土)

勝利を呼び込む采配とは!

◇ 5/15(金) ….ナゴヤドーム
中日 1 - 2 阪神

負け方が悪すぎる!

昨日は毎年恒例の夏の映画アンパンマンの録音があり、必死に書き上げた50数曲のスコアを持ってスタジオに臨んだ。録音終了後も関係者と打ち上げがあり夜遅めの帰宅になった。
野球は録画で頭から観た。
勿論結果は知らないままでリアルタイムのように興奮して最後まで観た。

いつか見た光景が8回表に現れた。
2度目の先発で無失点で好投した小熊を下ろしてリリーフに又吉、バッターは代打の新井良。
小熊が前回好投した相手は阪神ではなくDeNAだったが、小熊はあの日リリーフ福谷に勝ちを消されていた。また阪神戦では、リリーフした又吉がサヨナラ打を打たれたバッターが新井良だった。
初球簡単にストライクを取りに行った甘い球をセンター前に弾き返された又吉。
悪い予感が過る。又吉の表情から顔色と余裕が消えて行くようだ。ベンチが映る。
谷繁も森も友利も皆不安そうで苦虫を潰した顔でグラウンドを見つめている。
「抑えきれない!きっと!」
そう思った。

又吉の投げる全ての球のコントロールが甘い。
連投の疲れからだろうかいつもの球威も感じられない。球の勢いと思い切りのいい投げっぷりで昨シーズン以来活躍して来た又吉の良さが全く見られない自信のなさそうなマウンド捌きが気になって仕方がないのだ。
又吉に頼らざるを得ないチーム状態も又吉に自信を取り戻させたいベンチの想いも分からないではないが、ホントに1度抹消してファームでミニキャンプでもやらせた方が良いと感じた昨夜の状態だった。
球の勢いと潔い自信に溢れたピッチングを思い出せば必ず昨年の又吉が還ってくるに違いないと僕は思う。幸い、高橋聡や田島の調子も良いし、投げたくてウズウズしている岡田もいる。暑い季節の熱い闘いの前に又吉を1度放牧に出してみる事を強く勧めたいと思うのだが…。

悪い予想が翻る事もなく、又吉は西岡、上本、マートンに痛打され、逆転を喫してマウンドを降りるのだった。
元気なく谷繁監督が主審に投手交代を告げた時、敗戦は決まってしまった。

その裏孤軍奮闘のエルナンデスが二死からツーベースで反撃の空気を作るのだが、周平がど真ん中のストレートを見逃して万事休すのだった。
ここでの代打小笠原はなかったのだろうか?
2回の大チャンスにも初球を内野にゴロを転がしてランナーを返せなかった周平に再度チャンスを与える谷繁監督の気持ちも分かるが、勝つためには時には厳しい采配も必要なのだと思う。ボールに喰らい付くような気配が感じられない見逃し三振には全てのドラゴンズファンがガックリしたのではないだろうか。代打を出された方が周平にとっても良い時もあるような気がしてならない。
代打の使い方に関しても、結局最終回ランナーなしの先頭バッターとしての小笠原、続いての福田と相手へのプレッシャーが最小な場面での起用になってしまう谷繁の温情采配には勝利を呼び込めない消極性が否めないのである。

小熊にゲームを預けて見る勇気と、高橋周に代打を起用する勇気があれば、連敗脱出の勝利を呼び込めたような気がしてしてならない試合だった。

負けていた試合を知らないまま最後まで観た後の真夜中の虚しさは言いようのない気持ちである。(笑)

改めて谷繁監督には厳しい采配を願いたい気持ちでいっぱいである。

|

« 僕の結論!やっぱり大島なのだ! | トップページ | 若さが持つ無限の可能性こそ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60019084

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利を呼び込む采配とは!:

« 僕の結論!やっぱり大島なのだ! | トップページ | 若さが持つ無限の可能性こそ! »